ヒルトンタイムシェアを購入して後悔している?

ヒルトンタイムシェアを購入して後悔している?

ヒルトンタイムシェアのオーナー様はタイムシェアに満足している方がほとんどですが、稀にタイムシェアを購入して後悔している方がいらっしゃいます。こちらの記事では、実際にタイムシェアを買って後悔した方のお話をもとに、後悔したケース4種類、ご紹介します。タイムシェアの購入を検討している方のご参考になればと思います。

タイムシェア購入を後悔しているケース1:予約が取れない

タイムシェア物件をよく理解せずに買ってしまうと、「思うように予約が取れない」というケースがあります。タイムシェアは共有制なので、ワイキキの場合、一般的なお休み(夏休み、ゴールデンウィーク等)は予約が込み合います。予約のコツを知らない場合、予約のタイミングを逃してしまいますので、予約したかった時期に取れない、ということがおきます。

→ 予約の種類を学び、予約を取るコツをおさえて利用しましょう。

ヒルトンの場合、お部屋の予約は1年前から始まります。まずは所有物件から優先的に予約ができる仕組みになっています。優先予約期間が過ぎると、クラブ予約期間に入ります。いずれも先着順なので、予約が順次埋まっていきます。そのため、旅行の予定を数ヶ月前に組めるようにする必要があり、予約のコツをおさえて、タイミングを見計らった予約をします。「旅行の3ヶ月前に日程を組んで、予約をしようとしたら予約が取れない!」ということにならないように、予約の種類とコツをおさえましょう。

所有物件の優先予約期間(ホームウィーク予約):
ワイキキアン、カリア、ラグーン:12ヶ月前から9ヶ月前
アイランダー、ホクラニ:12ヶ月前から6ヶ月前

優先予約期間を過ぎたあと(クラブ予約):
ワイキキアン、カリア、ラグーン:9ヶ月前から1日前
アイランダー、ホクラニ:6ヶ月前から1日前

また、万が一、オアフ島の予約が取れないという場合には、ハワイ島のタイムシェア(ベイクラブ、コハラスィーツ、キングズランド等)に旅行してみるのも良いかもしれません。オアフ島とは違い、自然にあふれた環境です。サンセットを見ながら、バーベキューをするといったことも出来ます。ヒルトンの場合、選択肢があるのが大きな利点と言えます。

尚、固定週という予約の保証週という不動産権利もありますので、予約のコツを学ぶのが億劫もしくは、毎年この週に旅行がしたい、という方には固定週がおすすめです。

タイムシェア購入を後悔しているケース2:自分に合った物件を買っていないケース

タイムシェアを買ったけど、自分に合った物件タイプを買っていなくて、購入を後悔している場合があります。ヒルトンのタイムシェアは建物、間取り、ビュー、シーズン(繁忙期・閑散期)、利用年など様々なタイプの物件があります。ライフスタイル、旅行のタイミング、ビューや内装の好みにより、物件選びを慎重に行いましょう。

たとえば、本当は夏休みにワイキキに毎年泊まりたいのに、安いからと言う理由でハワイ島の物件を買ってしまうケースがあります。夏休みなどの繁忙期にワイキキに泊まりたい場合は、予約が込み合うので、ワイキキのタイムシェア、プラチナシーズンをホームとして持つことをおすすめしています。

前述しましたように、まずは物件の所有オーナーが先に予約をする優先予約権を持っています(ホーム予約)。優先期間が過ぎると、他の物件を持っている方も予約ができる(クラブ予約)という仕組みなので、繁忙期のワイキキは非常に込み合います。こうしたことから、ワイキキに毎年繁忙期に滞在したい方にはホームとしてワイキキのヒルトンタイムシェアをおすすめしています。

逆にリタイヤされている方で閑散期に旅行できる方はゴールドシーズンの物件がおすすめです。

物件の選び方がわからない場合には、くじら俱楽部にお気軽にご相談ください。

タイムシェア購入を後悔しているケース3:管理費が負担

タイムシェアを買って後悔しているケースで聞くのが「管理費が負担」と感じる方です。タイムシェアの購入時には、購入金額だけでなく、毎年の支払いが発生する年会費と管理費も把握しましょう。やりくりに無理がないかよく検討した上でタイムシェアを購入しましょう。

なお、タイムシェアの管理費には以下3種類のコストが含まれています。
1. 維持費用(光熱費、設備、清掃、人件費、保険等)
2. 積立金(改装*、家具・家電などの準備金*)
3. 緊急用資金(災害や緊急時の備え)

*ヒルトンの方針により5−6年に一度内装工事や家具のリニューアルが行われます。

タイムシェア購入を後悔しているケース4:買ったけど使わなかったというケース

タイムシェアを購入したけど、使わなかったというケースを耳にします。これは、たとえば「実際に毎年ハワイ旅行に行かない」、「転職先の仕事の都合で旅行ができなくなった」等です。稀ですが、タイムシェアを買ったけど、使わないから後悔しているケースはあるようです。使わないのであれば、年間管理費などの維持がかかりますので、すぐに売却することをおすすめします。物件によっては買い手が付きづらいものもありますが、値段次第では手放すことができます。くじら俱楽部へご相談ください。

まとめ

日本人オーナー7万人以上を誇るヒルトンタイムシェアですが、ほとんどがタイムシェアに満足していらっしゃいます。そんな中、「予約が取れない」「年間管理費が負担に感じる」「自分にあった物件でない」といった理由でタイムシェアの購入を後悔しているケースもあることをお分かりいただけたかと思います。

タイムシェアをよく理解し、まずはタイムシェアがご自身に合っているか確認をし、慎重な物件選びをしていただければと思います。くじら俱楽部ではお客様のバケーションスタイルに応じて、物件をご提案させていただいております。お気軽にご相談ください。

タイムシェア購入に関するご相談

購入に関するご相談はこちら

お問い合わせ:waikiki@kujiraclub.com

 

合わせて読みたい

タイムシェアのメリット(長所)とデメリット(短所)

後悔しない!ヒルトン物件の選び方5大原則

ヒルトンタイムシェアのオーナー様267人にアンケートを実施