タイムシェアはすぐに買ってはいけない5つの理由!

タイムシェアはすぐに買ってはいけない5つの理由!

あなたはタイムシェアに向いてない!?

タイムシェアがほしいと思っていても、そのライフスタイルから向いていない人もいるのも事実です。以下に注意点を述べましたので、無駄な買い物にならないように是非参考にしてください。

理由1. 旅行をしない人

言うまでもなく、旅行しない人にとってはタイムシェアは必要ありません。タイムシェアは、海外旅行を中心としたバケーションを定期的に取りたいという人に向いています。

ただし、今まで旅行をしていない人でもこれから旅行していきたい、あるいはこれからの老後を海外で楽しんでいきたい、という人には向いていると言えるでしょう。

理由2. 旅行計画が前もって立てにくい人、旅行先に柔軟性のない人

タイムシェアが先着順で予約が埋まってしまうというルールがあるため、突然の予約の場合には希望の日程で予約が取れない可能性が高いということから、そのようなライフスタイルの人には不向きといえます。

しかし、タイムシェアの交換利用システムを活用して、自分のタイムシェア以外の他のリゾートを含めての予約を探せば、突然であっても空いているリゾートを探すことが可能になるかもしれません。最近ヒルトンなどでは、インターネットでの予約システムが改善され空き一覧表のページから予約することも可能になりましたので、インターネットが得意な方には有利と言えます。

『自分のスケジュールが数週間前にしか分からない人』『スケジュールに柔軟性がない上に、絶対にワイキキに泊まる!』『予約を取るための努力もしたくない』という方は、残念ながらタイムシェアは向かないかも知れません。

理由3. ロングステイ(長期滞在)希望の人

タイムシェアは週単位でのリゾートのため、1カ月から3カ月以上の長期滞在、ロングステイをお考えの方にはあまり向いてるとは言えません。通常3カ月以上の滞在を考えているのであれば、別荘を年間契約する、あるいは購入してしまう方がお得でしょう。

1週間単位の物を2カ月3カ月分と買い揃えていくとかなりの金額になり、購入するのと変わらないような金額になる場合があります。しかし最近はリセール物件の人気が上昇して、4件目、5件目を購入する人も増えているのも事実です。

理由4. 世界中を旅行したいけど、言葉に不安がある

タイムシェアは交換利用ができますが、交換先のリゾートで日本語のサービスがないことも考えられます。世界中を旅行するにあたって、その交換先でのリゾートで日本語が通じなくても不安なく滞在できるでしょうか?

レンタカーを利用したり、電車などを乗り継いでの旅行に不安は感じませんか?個人で旅行を手配するのに慣れている方や、それがお好きな方には不安なく旅行ができるかと思います、今まで旅行会社にお任せ旅行をされてた方は、交換利用をして世界に出てもストレスになる可能性も十分あり得るということにご注意下さい。

理由5. 販売説明会に参加して、あまりにも舞い上がっている人

タイムシェアの販売説明会に説明して、ついつい舞い上がってしまい冷静さを欠いてしまっている場合には、落ち着いて判断する必要があるかもしれません。

タイムシェアについてや、購入を検討している物件について理解し、納得した上で購入しましょう。もちろん、勢いで購入したタイムシェアでハッピーバケーションを毎年家族で送っている人も大勢います。安易な判断で後々後悔するはめになってしまった!ということの無いよう、ぜひご相談ください。