タイムシェアの新規購入とリセールの違い

タイムシェアの新規購入とリセールの違い

弊社は、タイムシェアのリセール物件専門の不動産会社です。ですので、よくお客様からは、次のようなご質問をいただくことがよくあります。

新規でリゾート会社から買うよりもリセールは安価ですが、なぜ新規の半額以下なのですか?本当に大丈夫ですか?

「リセール」とは、誰かが所有している物件を購入すること

タイムシェアの「リセール」とは、誰かが所有している物件を購入するということですが、新規購入した方達とほぼ同じ権利を持ちます。使う部屋も新規購入の方達と全く同じものです。諸事情(使用する機会が減った、家族構成が変わった、現金化したい等)で売りに出されたもので、もちろん新規購入の物件より古いというわけではありません。

リセール物件価格は、新規物件価格と比較して30~70%割安と、大変お買い得な価格でお求めいただけます。これは、売り手と買い手の需給関係によって価格が決まるという市場のメカニズムが働いていることが理由です。また、新規タイムシェア物件と比べて割安・格安となっているリセール物件の価格は、基本的に売り手が決めた希望売り出し価格となっており、売出し時にリセール・リスティングに出されている価格を参考に、自分の好きな価格を付けて売ることが一般的になっています。

タイムシェア、リセールと新規購入の違い

 

リセールでタイムシェアを買った場合、利用上の違いはないか?

一部のリゾート会社では、リセールで購入されたタイムシェアに対して、タイムシェアの利用権利をホテルポイントに移行する特典を認めない等の制約を付けて、新規物件と特典待遇差を施しています。このことを除けば、リセールと新規のタイムシェアはほとんど変わりなく、不動産としての相続や将来の売却も出来、使い方次第でその利点をフルに活用して、グレードの高いお部屋で快適なバケーションを楽しむことができます。

では具体的に何が違うのが主なリゾートごとにご説明いたします。

ヒルトンのリセールと新規の違い
1.「エリート・ステータス」を得ることができない
リセールでタイムシェアを購入した場合、新規といくつか違う点があります。まずリセールで購入した場合、あるポイント以上をお持ちのオーナー様に与えられる「エリート・ステータス」というヒルトンのメンバー資格が与えられません。「エリート・ステータス」の場合、ヒルトン系列のホテル利用時、空室があれば客室のアップグレードができる、オンライン予約手数料の割引等サービスを受ける事ができるなどの特典があります。「エリート・ステータス」を得るためには、クラブポイントが年間14,000ポイント以上発行されるタイムシェアを新規で購入する必要があります。リセールで買ったタイムシェアのポイントは「エリート・ステータス」へはカウントされないので注意が必要です。
2.ヒルトンのアップグレード制度を利用することができない
ヒルトンでは、今お持ちの物件を下取りに出して、大きな物件に買い替えをするという、アップグレード制度があります。リセール物件では、下取り・買換えができませんので、アップグレードが出来ません。
マリオットのリセールと新規の違い
マリオットとウェスティンの場合、リセールで買ったタイムシェアのポイントはホテル宿泊に交換ができません。マリオット・コオリナのオーシャンビューの2LDK を購入した場合、マリオットの他のタイムシェアで同じグレードのお部屋か、交換手配会社であるインターバル・インターナショナル(通称II)を利用して他のII加入タイムシェアに宿泊する事ができます。※
(※ヒルトンはリセールで買ったタイムシェアでも、ポイントをホテル宿泊に交換することが可能ですので、とても活用しやすいです)。
ディズニー・アウラ二のリセールと新規の違い
リセールでディズニー・アウラ二を購入した場合、ホテルとクルーズへの交換利用ができません。具体的にはディズニーのホテルとディズニー・クルーズでは使えないといった制限があります。ホテルとクルーズを使われないという方にはリセールでの購入がおすすめです。また、リセールでディズニーのアウラ二を買った場合、ディズニーはメンバーズ・カードを発行しません。確かにディズニーのアウラ二を所有をしてはいるのですがメンバーズ・カードを発行しませんので、割引サービスを受けることが出来ません。
表:タイムシェアの新規とリセールの違い
リゾート名 リセール物件 新規物件
ヒルトン
  • エリートステータスになれない、昇格しない
  • アップグレード制度による下取り不可
  • クラブポイント14000以上でエリートステータス
  • アップグレード制度の買換え時に下取り可能
マリオット・ウェスティン
  • ポイントのホテル(リワードポイント)宿泊交換不可
  • 2016年から始まったディスティネーションポイントと呼ばれるポイント制ではない。
  • インターバルインターナショナルの使用は可能
ディスティネーションポイント
ディズニー
  • ディズニー・ホテル、クルーズへの交換利用不可
  • ディズニーオリジナルのタイムシェアは利用可
  • メンバーカードが発行されず、お土産店などのメンバーディスカウント対象外
  • ディズニー・ホテル、クルーズへの交換利用可
  • メンバーカード発行、メンバー・ディスカウント対象
ウィンダム
  • VIPメンバーになれない、昇格しない
  • リワードポイントへの移行ができない
  • VIPメンバーにより各種特典あり
ウェスティン ホテルポイントへの移行ができない インターバルインターナショナルの使用は可能

リセールの違いについて他によくいただくご質問へのご回答

タイムシェアをリセールで買った場合、売主の管理費やローンの未払いが請求されないか?
回答
タイムシェアのリセール売買をする際に、「エスクロー」という司法書士のような機関が間に入り、移転登記まで進行管理をします。「エスクロー」は契約どおりに売買が成されているか確認をし、売買されるタイムシェアにローンや管理費の未払いがないかの確認をリゾート会社に行います。「エスクロー」が各種未払いがないか確認をしますので、新しいオーナー様が未払い請求されることはありません。
管理費の違いはないか?
回答
管理費は、新規で購入した場合もリセールで購入した場合も同じ金額です。
権利が消滅するようなことはないか?
回答
基本的に権利書で権利が保証され、管理費はリゾート会社とは別会計で保全されているため、権利が消滅するということはあり得ないと考えられています。