ハワイのホテルへの投資額が全米最高になりました

ハワイのホテルへの投資額が全米最高になりました

前回に続き、ハワイホテル業界活況のニュースです。

ハワイのホテルへの投資額が全米最高で、昨年、全米平均の 2倍以上だったことが発表されました。

テネシー州を拠点とするホテルのリサーチ会社 STR社の調査によると、2017年の全米のホテルの平均買収額は一部屋あたり 24万ドル(日本円で約2600万円)でした。それに対するハワイの一部屋平均は 53万6481ドル(日本円で5900万円)でした。
同社が発表した、2017年に全米で高額で売買されたトップ 10のホテルの内、4件がハワイの物件でした。

全米最高額は、ホノルルの「パシフィックビーチ・ホテル・ワイキキ」の 5億1500万ドルでした。昨年 8月にコマーズ・リアル・インベストメントが買収し、約 1億1500万ドルの改装後「アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ」と改名されました。

2017年に高額で買収されたホテルのトップテン  出典:STR社

10月に売却された「タートルベイ・リゾート」はこの年 4番目に高額な 3億3千万ドル。5番目には 3月に 3億1700万ドルで売却された「ウェスティン・マウイ」、8番目には 8月に2億2500万ドルで売却されたハワイ島の「マウナラ二ベイ・ホテル&バンガローズ」が入りました。
他にもカウアイ島ココナツビーチの「コートヤード・カウアイ」が 6150万ドルで買収されるなど、ハワイ全州での 2017年のホテル買収総額は 14億ドルを上回りました。

今年のホテルの投資額も、金利の上昇に反して、引き続き全米で高額になるだろうと STRは予測しています。同社によるとハワイでは今年すでに高額なホテルの売買が 3件行われており、その総額は 4億3760万ドルです。「ヒルトン・ガーデン・イン・ワイキキビーチ」が 1月に 2億1200万ドルで、同月ワイキキの「ホテル・リニュー」が 2560万ドル、3月には「アストン・ホテル・ワイキキビーチ」が 2億ドルで売却されました。現在契約中の物件「アンダーズ・マウイ・アト・ワイレア」と「グランド・ワイレア」の価格も注目に値すると予測されます。

ハワイ観光局によると、この10年間、ワイレア地域のホテルが特に大きな収益を出しており、投資家たちからの注目を浴びています。

新しいホテルオーナーの参入により、世界の富裕層から人気のハワイは、まだまだこれからも成長していきそうです。

 

アロハストリートのブログランキングに参加しています。
クリック応援、どうぞよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

くじら倶楽部社長ブログ

Takashi Nakayama

くじら倶楽部 代表 中山孝志。千葉県柏市出身、ハワイ在住歴22年。大学在学中にオーストラリアへ1年留学、大学卒業後、日本リロケーションの駐在員として渡米。ニューヨークにて3年間在住した後、ハワイの現地不動産子会社の責任者として4年勤務。2000年より、ヒルトン グランド バケーションズ クラブのハワイ立ち上げスタッフとして入社後、国際販売部の責任者として約10年勤務。タイムシェア開発・販売のコンサルティングに長年携わってきた、ハワイのタイムシェア業界のエキスパート。→プロフィールの詳細

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員募集中!