ハワイ島、観光対策に 120万ドル

ハワイ島、観光対策に 120万ドル

くじら倶楽部の創業者である、キャプテン藤田から、ハワイ島のKonaでは噴火の影響がほとんど無いと聞いていますが、ハワイ島の観光業には大きな打撃を受けているようです。

今年 6月のハワイ島への旅行者数が 5%減少したことをうけて、ハワイ州観光局(HTA)は、対キラウエア火山噴火のマーケティングに 120万ドル(現在の為替レートで約1億5000万円)を投じると発表しました。

火山の影響でハワイ島への旅行者は減りましたが、オアフ島、マウイ島、カウアイ島への訪問者数は記録的な勢いで伸び続けています。6月には前年同期比 7%超えの、合計 897,099人がハワイを訪れたとHTAは発表しています。外客消費額も昨年 6月より 10%増しの 16億ドルでした。


ハワイへ到着する飛行機の便数が、前年よりも10%以上増えていることも大きな要因です。今年上半期にハワイを訪れた人の数は 500万人弱で、昨年よりも 8%増えています。6か月間の外客消費額は前年同期比 11%増の 93億ドルでした。

キラウエア火山の噴火が 5月3日に始まるまで、ハワイ島の観光業績は他島よりも急激な伸びをみせていました。観光会社の報告によると、4月には 20%増加していた予約率が 5月には 46%、6月には 43%落下しているそうです。観光予約の減少の理由は溶岩流『亀裂8』の見学が禁止になったためと考えられます。安全に溶岩流を見学できるサイトを確保しようと州と郡が数か月にわたって調査していますが、現時点では不確定です。火山国立公園のほとんどが噴火の危険のために閉鎖されており、ヘリコプターかボート以外での見学はむずかしい状態です。

キラウェアの噴火は日本人観光客の数にも影響を与えています。
ハワイ全体では 日本人観光客数は 6月には3%、1月から6月までを通すと7%上昇しています。しかし、ハワイ島では 6月には 8%、今年上半期では 5%低下しており、ハワイ全体の日本人観光客数に影を落としています。
HTAの日本事業部では、ハワイ航空と日本航空の日本とコナを結ぶ直行便を減らすことだけは何としてでも避けたいとして、ハワイ島の火山以外の観光スポットの宣伝に力を入れていくとコメントしています。

アロハストリートのブログランキングに参加しています。
クリック応援、どうぞよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

くじら倶楽部社長ブログ

Takashi Nakayama

くじら倶楽部 代表 中山孝志。千葉県柏市出身、ハワイ在住歴22年。大学在学中にオーストラリアへ1年留学、大学卒業後、日本リロケーションの駐在員として渡米。ニューヨークにて3年間在住した後、ハワイの現地不動産子会社の責任者として4年勤務。2000年より、ヒルトン グランド バケーションズ クラブのハワイ立ち上げスタッフとして入社後、国際販売部の責任者として約10年勤務。タイムシェア開発・販売のコンサルティングに長年携わってきた、ハワイのタイムシェア業界のエキスパート。→プロフィールの詳細

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員募集中!