ドンキがパンナム・ビルを買収

ドンキがパンナム・ビルを買収

ホノルルのパンナム・ビルをドンキホーテUSAが 7850万ドル(約86億円)で買収しました。このビルは、カピオラニ通り沿いで、ちょうど、アラモアナの山手にあるドン・キホーテの向かいに位置します。ヒルトングランドバケーションズのハワイオフィスが入っているビルでもあります。

このニュースを知って、ニューヨークに駐在していた時(1993年)に、グランドセントラルステーションの上に建つパンナムビルがメットライフの所有に代わり、「PANAM」の文字がPから順に外されたのを興味深く見ていたことを思い出しました。

ドンキホーテUSAは、昨年地元のスーパーマーケットで24店舗展開していた、「times」を買収しており、引き続き、積極的な投資活動を行っているようです。

今回の買収は、ホノルルを拠点とするパシフィック・オフィス・プロパティーズ・トラスト社との 2年越しの交渉の末、8月13日に売買を成立させました。契約が成立するまでの 2年間の遅れは、一部の税金補償協約の失効を待ちたいという売り手側の要求によるものでした。

ハワイのシニア割引デー

パシフィック・オフィスは、不動産投資家 ジェイ・シドラー氏が所有する建物を数件寄贈して 2008年に設立し、一株約 6ドル60セントで株式公開しました。一時は 24の物件を所有していた同社は、現在ホノルルにウォーター・フロント・プラザとデイビス・パシフィック・センターを所有し、アリゾナの物件に 5%の資本参加をしています。ホノルルに所有する最後の 3物件となった 1600 カピオラニ通りのパンナム・ビルの売却は、事業不振のためでした。

タイムシェア購入希望者の方は必ずご一読ください

タイムシェアの購入には数百万円のお金を使うわけですから、誰でも後悔はしたくないもの。

実は、購入前に必ず検証すべき「後悔しないための5項目」があります。

「後悔しないための5項目」を読む