小さい子連れでワイキキ滞在、ヒルトンのタイムシェア選びの3つのポイント

小さい子連れでワイキキ滞在、ヒルトンのタイムシェア選びの3つのポイント

弊社のホームページでは、タイムシェアレンタル物件のページにて、タイムシェアの物件を購入せずに宿泊できるサービスをご提供しております。このサービスは、「タイムシェアを実際に購入する前に一度、宿泊してみたい」という方にもご好評で、先日もタイムシェアのリセール購入を検討しているお客様から、「ワイキキのヒルトンのタイムシェアにレンタルで宿泊したい」とのご相談をいただく機会がありました。

具体的には、「ワイキキには、グランドアイランダー、ワイキキアンなど、ヒルトンのタイムシェアの棟が複数ありますよね?小さい子連れで宿泊する目的で、その棟の選び方を教えていただけませんか?」というのが、このお客様のご相談内容でした。

このご相談に対し、私は、「次の3つのポイントを目安にされてはいかがでしょうか?」とご案内しました。

  1. 必要なベッドルームの数は?
  2. 室内で洗濯機を使いたいかどうか?
  3. ビーチ沿いと中心街寄りのどちらがよいか?

この3つのポイントについて、以下でご紹介します。

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信

必要なベッドルームの数は?

現在、ワイキキにおいて、ヒルトンのタイムシェアのリゾートとして、次の5つがあります。

  1. グランド・ワイキキアン
  2. ラグーンタワー
  3. カリアタワー
  4. グランド・アイランダー
  5. ホクラニ

この5つのうちから、レンタル宿泊する目的で1つのリゾートに絞るとして、「どのように絞ったらよいか?」というのが、ご相談いただいたお客様のお悩みでした。

グランドアイランダーのベッド
1つ目のポイントは、必要なベッドルームの数

今回、その絞り方のポイントを3つご紹介したいのですが、1つ目は、「必要なベッドルームの数は?」という点です。例えば、必要なベッドルーム数として、2つ以上必要な場合は、宿泊できるリゾートが次の3つに絞られます。

  1. グランド・ワイキキアン
  2. ラグーンタワー
  3. グランド・アイランダー

というのも、カリアタワーやホクラニには、2ベッドルームの部屋が存在しないからです。そして実際に宿泊する際に、必要なベッドルーム数は、そのご家族の考え方で変わります。例えば、「子供が小さいので添い寝でも大丈夫」という考えであれば、1ベッドルームでも十分です。

一方で、「子供用にもちゃんとベッドが欲しい」という考えであれば、2ベッドルームを選ぶことになります。そして、そうした場合は、選択できるリゾートは、3つに絞られるというわけですね。

室内で洗濯機を使いたいかどうか?

2つ目のポイントは、「室内で洗濯機を使いたいかどうか?」という点です。要するに、「洗濯のしやすさを重視するかどうか?」というポイントで絞り込むことができます。

というのも、現在、ワイキキのヒルトンのタイムシェアにおいて、その室内に洗濯機の設備があるのは、次の2つのリゾートとなるからです。

  1. グランド・ワイキキアン
  2. グランド・アイランダー

これ以外のリゾート場合、その階ごとにある共用の洗濯室を利用することになります。これは、自分が宿泊している部屋に洗濯機があるのと比較すると、洗濯がしにくいのは否めません。洗濯室まで移動する必要がありますし、他の人が使っている可能性がある中空き状況を意識することになるからです。

グランドアイランダーの室内の様子
グランド・アイランダーやグランド・ワイキキアンでは室内に専用の洗濯機がある

小さい子供は汗をかきやすく、ハワイ滞在中は着替える機会が増えます。つまり、ハワイ滞在中も毎日のように洗濯したくなる可能性が高く、「洗濯のしやすさ」は、重要なポイントになります。

ビーチ沿いと中心街寄りのどちらがよいか?

3つ目のポイントは、滞在するリゾートの立地が、「ビーチ沿いと中心街寄りのどちらがよいか?」という点があります。

まず、ワイキキの中心街へのアクセスの良さを重視するなら、ホクラニの1択となります。ホクラニは、まさにワイキキの中心街に位置しており、例えば、ロイヤルハワイアンセンターやDFSまで、徒歩2、3分の距離です。そのため、ワイキキの中心街のショップや飲食店を利用しやすく、またDFSからトロリーで移動するのにも便利です。

ホクラニからの眺め
ホクラニはワイキキの中心街のアクセスが良い

ホクラニは、このような便利な立地ですが、ビーチには面していません。一方で、残りの4つのリゾートは、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの敷地内に存在します。この敷地にワイキキビーチの北西側が面しており、この敷地内の建物からは、ビーチが利用しやすいです。

小さい子連れで滞在するにあたり、「買い物や外食に便利な方が良い」というのであれば、ホクラニが便利ですし、一方「ビーチを楽しみたい」というのであれば、ホクラニ以外のリゾートを利用した方が便利です。

実際にお客様が選んだリゾートと部屋タイプ

このようにご案内した結果、このお客様は、そのレンタルで宿泊する先として、「グランド・ワイキキアンの1ベッドルーム」の部屋を選ばれました。その理由について、「他の方の参考になるのでブログでご紹介してもよろしいでしょうか?」と伺ってみると、「もちろんです」との了解いただきましたので、ご紹介します。次の通りです。

  • 普段子供と添い寝をしているので1ベッドルームで十分と考えた
  • 子供とビーチに頻繁に行く予定なのでヒルトン・ハワイアン・ビレッジのリゾートが良い
  • 洗濯は室内でしたいので、その設備があるグランド・ワイキキアン

以上、ワイキキにあるヒルトンのタイムシェアの5つのリゾートから、小さい子連れで宿泊するにあたっての3つのポイントをご紹介しました。

その絞り方として、他にも考えられます。例えば、その建物からの景観、金曜の夜の花火の見易さ、建物の築年数の新しさ、などあるのですが、今回は、「小さい子連れでの滞在のしやすさ」という観点から、この3つポイントをご紹介しました。

Takashi Nakayama

くじら倶楽部 代表 中山孝志。千葉県柏市出身、ハワイ在住歴22年。大学在学中にオーストラリアへ1年留学、大学卒業後、日本リロケーションの駐在員として渡米。ニューヨークにて3年間在住した後、ハワイの現地不動産子会社の責任者として4年勤務。2000年より、ヒルトン グランド バケーションズ クラブのハワイ立ち上げスタッフとして入社後、国際販売部の責任者として約10年勤務。タイムシェア開発・販売のコンサルティングに長年携わってきた、ハワイのタイムシェア業界のエキスパート。→プロフィールの詳細

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信