ワイキキでレンタカーを借りる人は要注意です

ワイキキでレンタカーを借りる人は要注意です

ハワイの旅行中にレンタカーを借りて楽しむ方も多いかと思います。今月発表された統計によると、ホノルルは全米で9番目に交通量の多い都市だそうです。アメリカはご存知の通り右側通行であること、更にホノルルは一方通行が多いこと、地名もハワイ語が多く使われ、慣れない方には簡単ではないかもしれません。ぜひ、安全運転をお願いします。

ちなみに、私は左ハンドルの右車線運転になれるまで、約一か月ほど掛かりました。観光で来られる方がレンタカーを借りる場合には、助手席の方に地図やスマホの地図アプリを使いながらナビゲート(誘導)してもらうと良いかもしれません。

ホノルルは全米でワースト9の交通事情

「全米の交通渋滞ワースト20都市」は、自動車保険料を比較するウェブサイト「Insurify」が毎年発表している 全米の交通状態に関する報告書です。アメリカ国勢調査局や GPSメーカーとして有名なTOMTOM社のデータから導き出した統計によると、ホノルルの道路混雑レベルは 28% で、首都ワシントンDCやシカゴと同レベルです。ロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコ、シアトル、マイアミ等に比べるとましですが、アトランタやボストン、サンディエゴやフィラデルフィアよりも混雑しています。

ホノルルの平均通勤時間は、29分でした

 

また、ホノルルの平均通勤時間は 29.1分と 全米平均の 26.9分を上回りますが、交通渋滞ワースト 20に選ばれたほとんどの都市に比べて悪くないようです。

他にもこの報告書は各都市で起こる交通違反や交通事故の割合について調べています。ホノルルで車を運転する人の 28.03%が過去に交通違反などの問題の当事者になっています。全国平均の 22.21%を大幅に上回り、全米トップの割合です。また、ホノルルで交通事故にあったことのあるドライバーは 14.18%でした。全米平均は 12.43%で、他の都市と比べても高めの事故率ですが、テキサス州オースティンやオレゴン州ポートランドなど、ホノルルよりも事故が多い州は他にありました。

最悪は、ロサンゼルス・カリフォルニアでした

全米の交通渋滞ワースト20都市
混雑レベル 平均通勤時間 交通違反等経験 交通事故経験
20位 タンパベイ・フロリダ 23 % 31.3 20.04 % 13.37 %
19位 リバーサイド・カリフォルニア 23 % 28.8 23.37 % 12.05 %
18位 ヒューストン・テキサス 23 % 31.7 16.58 % 10.07 %
17位 サクラメント・カリフォルニア 23 % 29.2 24.20 % 13.13 %
16位 フィラデルフィア・ペンシルバニア 24 % 35.7 19.35 % 11.61 %
15位 ポートランド・オレゴン 24 % 31.6 27.88 % 15.35 %
14位 オースティン・テキサス 25 % 29.1 24.50 % 15.50 %
13位 ボストン・マサチューセッツ 25 % 41.7 23.95 % 14.60 %
12位 サンディエゴ・カリフォルニア 25 % 28.4 23.45 % 14.24 %
11位 バトンルージュ・ルイジアナ 26 % 27.6 19.41 % 13.64 %
10位 アトランタ・ジョージア 26 % 37.7 20.83 % 12.06 %
9位 ホノルル・ハワイ 28 % 29.1 28.03 % 14.18 %
8位 ワシントンDC 28 % 43.2 22.96 % 14.12 %
7位 シカゴ・イリノイ 28 % 39.2 16.95 % 9.44 %
6位 マイアミ・フロリダ 30 % 36.4 16.45 % 11.51 %
5位 シアトル・ワシントン 31 % 36.9 23.80 % 13.03 %
4位 サンノゼ・カリフォルニア 32 % 31.5 21.67 % 13.20 %
3位 サンフランシスコ・カリフォルニア 34 % 40.6 19.70 % 11.83 %
2位 ニューヨーク 36 % 46.5 19.12 % 10.14 %
1位 ロサンゼルス・カリフォルニア 41 % 35.4 19.09 % 12.17 %
* Insurify 調べ

米国では、ほとんどの都市中心部は東海岸または西海岸に沿って集中しているため、最も交通量の多い地域は沿岸に位置します。ワースト 20の大都市圏のうち 15が大西洋岸または太平洋岸でした。中でもカリフォルニア州は 6つの都市がワースト 20入りしています。

 

タイムシェア購入希望者の方は必ずご一読ください

タイムシェアの購入には数百万円のお金を使うわけですから、誰でも後悔はしたくないもの。

実は、購入前に必ず検証すべき「後悔しないための5項目」があります。

「後悔しないための5項目」を読む