気になるハワイ旅行者数、過去最多のデータ

気になるハワイ旅行者数、過去最多のデータ

昨年2016年の旅行者数が発表されました。過去最多となり、今後皆さんに、どのような影響があるか気になるところです。ハワイツーリズム・オーソリティー(HTA)の発表をご案内したいと思います。

ハワイ州観光局情報 地域別来訪者数(ハワイ報知より)

1  過去最高を記録したハワイ観光業

昨年2016年のハワイ旅行者数と消費額は、過去最高を記録しました。ハワイに訪れた人の合計は800万人で、消費額は156億ドルを記録し、今年2017年は更に増えると予想しています。ですので、今年も活気ある観光マーケットになると予想されています。

 

2  日本人は年間137万人で前年並み

昨年の日本人観光客は、全体の17%程で137万人でした。前年の2015年と比較すると0.9%減と、若干減少していますが、ほぼ同じと言えます。アメリカ人が3~4%程増えています。ワイキキを歩いていると日本人の観光客比率はもっと多いように感じますが、ハワイには、ハワイ島マウイ島などもありますので、全体で見るとアメリカ人が圧倒的に多い観光地です。

 

3  中国人は若干減少、韓国人は16%アップ

意外と増えていないのが中国人です。前年よりも1.4%少なく、一般的なイメージよりも中国の人は増えていません。一方、韓国人観光客は、18.5%増の年間20万人でした。それでも日本人の約15%ほどの人数ですのでまだまだ多いとはいえない人数です。

 

4  皆さんへの影響は?

気になる日本の皆さんへの影響ですが、単純に宿泊レートが今後も上がり続ける可能性があります。ホテル代は需要と供給によって決まりますので、多く人が来れば来るほどホテル代は上がります。現在、ニューヨークでは、ヒルトンやマリオットと言った高級ホテルチェーンは一泊5万円以上です。近い将来、ハワイのホテル代がそのような金額になるのかもしれません。

 

5  タイムシェアオーナーは得か?

タイムシェアを購入するメリットの一つに、広く豪華な部屋に経済的に宿泊するというものがあります。特に家族旅行や親子3世代の旅行であれば、なおさら違いが出てきます。管理費も値上がりしているという人も多いですが、値上がり率で言うとホテル代のほうが高い可能性が強まります。そういった意味でも、タイムシェアを賢く活用するアメリカ人、日本人は増えて行くでしょう。

 

今日、事務所にお越しいただいた東京在住の柳原様も、「タイムシェアの部屋に泊まりなれたので、もうあの小さいホテルには戻れない!」とお話されていました。既にオーナーの方々はこのコメントの意味がよくご理解頂けると思います。

 

今のリセール相場でタイムシェアを購入すれば、将来売却する時にもほぼ同じ金額で手放すことが可能な相場です。つまり、年間の管理費代だけで、あの広い1BR(60㎡)や2BR(100㎡)が利用できることになります。

 

家族でのハワイ旅行は、是非タイムシェアで快適にお過ごし下さい。

 

くじら倶楽部

中山孝志

Takashi Nakayama

くじら倶楽部 代表 中山孝志。千葉県柏市出身、ハワイ在住歴22年。大学在学中にオーストラリアへ1年留学、大学卒業後、日本リロケーションの駐在員として渡米。ニューヨークにて3年間在住した後、ハワイの現地不動産子会社の責任者として4年勤務。2000年より、ヒルトン グランド バケーションズ クラブのハワイ立ち上げスタッフとして入社後、国際販売部の責任者として約10年勤務。タイムシェア開発・販売のコンサルティングに長年携わってきた、ハワイのタイムシェア業界のエキスパート。→プロフィールの詳細