【2022年2月24日にヒルトンがポイントを1.6倍に調整をしました】
2022年2月24日以前に公開されたブログ記事は原則、旧ポイントでの表記となっておりますこと、ご了承のほどお願い申し上げます。

ポイント調整について

アメリカ・ハワイで風邪やコロナになったら必要な風邪薬・解熱剤

アメリカ・ハワイで風邪やコロナになったら必要な風邪薬・解熱剤

くじら倶楽部のお客様はタイムシェアのオーナー様が多いので、1週間から4週間ほどハワイに滞在される方が多いです。長く滞在していると、中には風邪・コロナになる場合もあるかもしれません。ただ、アメリカの薬局に行って風邪薬を買おうとしても、慣れない言葉が並んでいて、どの薬を買えば良いか迷うこともあるかと思います。そこで、今回はハワイで風邪もしくはコロナになった時に知っておきたいアメリカの市販薬をいくつかご紹介します。

(ご注意)くじら倶楽部は医療団体ではないため、お薬に関する責任は負いかねます。自己責任で薬をご利用ください。また、持病のある方やアレルギーのある方は、ご自身のお医者さんに必ずご相談ください。

旅行中にアメリカ・ハワイでコロナになった場合には、日本帰国のための準備もありますので医療機関で受診されると良いかと思います。

解熱剤・鎮痛剤

アメリカにおいて、熱を下げる解熱剤しくは鎮痛剤として使える市販薬がこれらの商品です。処方が必要なく、薬局やスーパーなどで販売されています。

Tylenol(タイレノール)

解熱剤といえば「Tylenol(タイレノール)」がアメリカでは浸透しています。我が家も基本的にタイレノールを利用しています。タイレノールは商品名で、アセトアミノフェン(acetaminophen)という成分が入っています。小さな子供から大人まで使われている解熱剤です。「とにかく熱を下げるのであればタイレノール」というアメリカ人が多いです。

タイレノールは基本的に錠剤ですが、子供向けのシロップタイプもあります。なお、解熱・鎮痛剤のアセトアミノフェンのみが入っているタイプと他の風邪の症状の緩和のためのお薬も入っている風邪薬タイプあります。

Advil(アドヴィル)

「Advil(アドヴィル)」は商品名なのですが、イブプロフェン(Ibuprofen)という成分が入っています。日本のEVEと同じで、解熱剤・鎮痛剤です。結構強い薬なので、胃や肝臓への負担も検討が必要です。

Acetaminophen(アセトアミノフェン)

商品名でなく、成分名がそのまま薬として市販されていることもあります。アセトアミノフェン(acetaminophen)はタイレノールに入っている成分で、小さなお子様から大人まで使える解熱剤・鎮痛剤です。

Ibuprofen(イブプロフェン)

アドヴィル(advil)はタイレノールに入っている成分で、小さなお子様から大人まで使える解熱剤・鎮痛剤です。強いお薬なので、胃や肝臓など体への負担も否定できません。

風邪薬

風邪の症状に効くアメリカで市販されている風邪薬をいくつかご紹介します。処方が必要なく、薬局やスーパーなどで販売されています。

DayQuil (デイ・クィル)

せき、鼻水、頭痛など風邪の症状に効くお薬です。解熱剤として「アセトアミノフェン(acetaminophen)」も入っています。DayQuilは昼用なので眠くならない(Non-Drowsy)と記載があります。夜用のNiQuilは服用後30分ほどでものすごく眠くなりますので運転はできません。

Tylenol COLD&FLU (タイレノール コールド・フルー)

こちらも咳、鼻水、頭痛など風邪の症状に効くお薬です。「アセトアミノフェン(acetaminophen)」も入っているので熱を下げることもできます。DayQuil(デイ・クィル)と同じく、昼用と夜用があります。

薬局オリジナルの風邪薬

余談ですが、私がコロナ(オミクロン)になったときはDayQuil(デイ・クィル)やTylenol Cold(タイレノール コールド)の在庫がなかったので、ロングズ(ロングズ)が製造販売しているDayQuil(デイ・クィル)と同じような成分が入っている風邪薬にお世話になりました。お薬はきちんと効きました。

ハワイで風邪薬が買える場所

在庫は要確認ですが、ハワイで風邪薬を扱っている場所は以下の通りです。

薬局
・ロングズ(Longs)
・ウォールグリーン(Walgreens)

お店
・Accent(ワイキキアン内)
・ABCストア(ヒルトンハワイアンビレッジ内にも)
・ウォールマート(Walmart)
・セーフウェイ(Safeway)
・フードランド(Foodland)
・タイムズ(Times)

ワイキキのロングズでは一時期、風邪薬や解熱剤の在庫がない時もありましたのでご注意ください。また、ヒルトンハワイアンビレッジ内のお店ですと、お子様用のお薬が切れていることが多いようです。

最後に

なお、アメリカの錠剤は日本のものに比べてとても大きいので、飲み込むのに一苦労です。アメリカの風邪薬をご紹介しましたが、体への負担を考えたりすると、使い慣れた風邪薬を日本から持ってくるのが理想だと思います。

合わせて読みたい

ハワイ旅行でコロナになったらどうする?対応方法をご紹介

ハワイのタイムシェアに特化したメルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信
ハワイのタイムシェア購入に関してZoomでお打ち合わせ