タイムシェアは夫婦しか購入できない?

タイムシェアは夫婦しか購入できない?

お客様から良くいただく質問の中に「タイムシェア夫婦しか購入できないですか?」という内容のものがあります。

リゾート会社が開催している販売説明会の中には夫婦でのご参加を条件にしているところもあり、このような疑問がうまれるのだと思います。

この質問に対する応えは、夫婦以外でも購入する事ができます。

名義人様は18歳以上という年齢制限はございますが、この条件を満たしていればどなたでも名義人になる事ができます。

所有形態は4種類あり、その一つが「夫婦共有名義」ですが、それ以外は夫婦以外の所有形態となります。

そのほかに、単独所有、複数名共有名義(2種類)があります。

単独所有とは

一人で所有する場合は、この「単独所有」になります。

単独所有の場合、売却する場合には、自分自身の署名のみで売却ができます。

ご家族の方などを後から名義人として追加することも可能です。

名義変更という手続きになります。(※詳細

もし単独で所有している方が亡くなった場合、タイムシェアの権利は正式な継承者に引き継がれるのですが、そのためには相続のお手続きを行う必要があり、弁護士さんの方でのお手続きとなります。

夫婦共有名義

夫婦で購入する場合は「夫婦共有名義」になります。

この所有形態は、どちらか一方が亡くなった場合、自動的に生き残っている方の単独所有権となります。

そのため、単独所有の時のような相続のお手続きは必要ないです。

売却は1名の署名で売却が可能ですが、亡くなったことを公的に照明する必要があり、戸籍謄本をご提出いただいております。

また、夫婦共有名義で所有していて、離婚した場合は、所有形態が自動的に、後ほど出てくる「Tenancy in Common」になります。

複数名共有名義 その1

Joint Tenancyと呼ばれる所有形態があります。

こちらは2名以上で所有される場合の所有形態の一つになります。

家族以外でも18歳以上であればどなたでも名義人になることができます。

夫婦共有名義と同様に、名義人の中で亡くなられた方がいらっしゃった場合、残った人たちで権利を所有することになります。そのため、相続のお手続きは費用ないです。

売却は全員の署名が必要となります。

複数名共有名義 その2

Tenancy in Common と呼ばれる所有形態になります。

こちらも2名以上で所有される場合の所有形態になりますが、先ほどのJoint Tenancyとは異なります。

名義人様それぞれの所有比率を明記します。

例:Aさん 50% Bさん 25% Cさん 25%

また、亡くなられた方がいらっしゃった場合には、亡くなられた方の所有している権利は正当な継承者が引き継ぐことができるのですが、単独所有と同様に相続のお手続きが必要となります。

まとめ

以上のように、ご夫婦以外でも、単独または複数名で所有する事が可能です。

購入される場合は、どの所有形態が、ご自信に一番合っているかをご検討していただく必要があります。

タイムシェアに関するご質問ございましたら下記からお問合せください。

各種お問い合わせ

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信