ハワイ ローカルニュース 3月その2

ハワイ ローカルニュース 3月その2

2019年3月のローカルニュース第2弾です。

主にハワイの新聞社「Star Advertiser」「Hawaii News Now」が紹介しているニュースの中で気になるニュースを日本語に訳してご案内します。

1.JTBが電気バスを導入

大手旅行会社のJTBは、ハワイ州で始めての電気で走る商業用のバスを導入しました。

導入されたバスは3台になり、JTBのトラベルプラザからワイキキ、ダウンタウン行きとして、4月から運行が開始されます。

最大77名の乗車が可能で、1回の充電で、250マイル(約402キロ)進む事ができます。

出典:khon
https://www.khon2.com/news/local-news/jtb-hawaii-introduces-the-states-first-electric-powered-commercial-bus-fleet/1836845301

2.アラモアナ・センターにリリハ・ベーカリーがオープン

3月7日に、アラモアナ・センターのメイシーズの中にリリハ・ベーカリーがオープンしました。

以前、パイナップルルームがあった場所になります。

レストランとして、ロコモコやオックステールスープなども食べる事ができます。

出典:khon
https://www.khon2.com/news/local-news/liliha-bakery-third-location-is-open-for-business-inside-macy-s-ala-moana/1833025672

3.ホノルル・フェスティバルで長岡花火

日曜日まで開催されたホノルル・フェスティバルの最後を彩る長岡花火がワイキキに打ち上がりました。

第25回目の開催となるホノルル・フェスティバルに因んで、25分間花火が打ち上がりました。

出典:kitv
https://www.kitv.com/story/40105892/nagaoka-fireworks-shows-lights-up-the-waikiki-sky-for-honolulu-festival

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信