2022年2月24日にヒルトンがポイントを1.6倍に調整をしました。2022年2月24日以前に公開されたブログ記事は原則、旧ポイントでの表記となっておりますこと、ご了承のほどお願い申し上げます。ポイント調整について

ヒルトンホテル「ザ・アリイ」オーシャン・フロントのお部屋に宿泊体験レポート!

ヒルトンホテル「ザ・アリイ」オーシャン・フロントのお部屋に宿泊体験レポート!

今回はヒルトン・ハワイアン・ビレッジにある高級ブランド「ザ・アリイ」のご紹介です。記事前半ではお部屋のご紹介をし、後半ではプールやジムなどホテルの設備についてご案内します。

記事の最後に、どのようにして一番安いヒルトンビレッジ内の部屋を予約して、ランクの高い「ザ・アリイ」に宿泊したか、ちょっとした「からくり」をご紹介します。

それでは詳しく見ていきましょう。

【訂正とお詫び】
本記事は掲載当初、アリイは「ヒルトン・オナーズ・ポイントでは予約ができない」と誤った情報を記載しておりました。誠に申し訳ございません。

お客様のご指摘により、ヒルトン・オナーズ・ポイントでもアリイを予約することができることをご指摘いただきました。確かに、ヒルトン・オナーズのサイトからポイントと現金の両方でアリイの予約ができること、確認が取れました。この度は私の思い込みから、誤った情報を発信いたしたこと、お詫び申し上げます。

ヒルトンサイトの検索結果において「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」内からアリイの予約が可能でございます。

ザ・アリイについて

ザ・アリイは15階建てのオーシャンフロント・ホテル。ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内の最もダイヤモンドヘッドよりのタワーです。ヒルトンのリピーターであればお馴染みの「トロピックス」というレストランが1階に入っている建物です。

ザ・アリイは2013年に大幅改装され、綺麗なホテルに生まれ変わりました。2階には宿泊者専用プールとジムが用意されていて、プライベート感があります。プールサイドにはバーがありカクテルやお食事をいただくことが可能です。

ザ・アリイ
193 Paoa Pl, Honolulu, HI 96815

専用フロントとコンシェルジュ

1階にはザ・アリイ専用のフロントデスクとコンシェルジュがあります。ハワイとヨーロッパを混ぜ合わせたような素敵なインテリアです。落ち着いた雰囲気で一気にリラックスできる気がします。

コンパクトではありますが、入り口付近にはロビーエリア、もう少し奥の方へと入ってくと左側にはラウンジも。

ネット利用できるコンピュータやDVDを借りるマシーンも。

チェックイン時にいただけるプリントにはレストランやショップの営業時間、設備の詳細が掲載されています。無料のカルチュアル・アクティビティについて専用サイト【GUEST DIRECTORY(QRコード経由)】にアクセスして確認する形になっています。

ザ・アリイのオーシャンフロント・コーナールーム(1205号室)のご紹介

アリイのルームキーは他のヒルトンホテルやタイムシェアとは違ったデザインで可愛らしいのが特徴です。アリイは高級路線のブランドなので、他のホテルとは差別化されているようです。

今回ご紹介するオーシャンフロント・コーナー・ルーム(1205号室)は12階の角部屋で、ダイヤモンドヘッド側を面しているベランダもあるため、ダイヤモンドが少し見える最高なお部屋です。とにかくオーシャンビューがハイレベルでびっくりしました。まるで海に入っているかのよう。

まずはダイヤモンドヘッド側のバルコニーです。ラウンジチェア1脚と椅子が2脚あります。

次に正面のバルコニーです。デューク・カハナモク・ビーチが目の前に広がっています。とにかく青い海と空。まさに楽園そのものを感じることができるビューです。椅子2脚と小さなテーブルが1台。タイムシェアのように食事ができるテーブルがないことに気づきました。

下の写真の星印付近で金曜日の花火が上がりますので、最高な眺めなのではと思います。アリイタワーはビーチ正面のお部屋であれば、ほとんどのお部屋で金曜日の花火を見ることができるのではと思います。

サンセットも素敵です。こちらは8月に撮影したので、陽がレインボータワーの後ろのほうに落ちていますが、冬場であれば、目の前の海に陽が沈むサンセットを楽しむことができます。

広さは87㎡あるので広々しています。お部屋はすごく明るくて、落ち着いた雰囲気。ベランダと室内のどちらでも、ゆっくりくつろげる空間になっています。

キングベッドとソファベッドがあるので、合計4名まで宿泊できます。

ナイトスタンドにはラジオ・時計、電話が用意されています。

テレビ台のキャビネットには引き出し4つとミニ冷蔵庫が格納されています。

 

キャビネットの卓上にはPS3も。ロビー階で借りてきたDVDはこちらのPS3を使って視聴することができます。

コーヒーやお水などのアメニティが置かれたテーブルが廊下にあります。

アメニティ:
・湯沸かしポット
・Keurig コーヒーメーカー
・水
・コーヒー(カフェイン入り&カフェインレス)
・お茶
・ワインクーラー
・マグカップ
・グラス
・お水のペットボトル

 

タイムシェアのお部屋に比べますと、お風呂の浴槽は浅めです。取り外しが可能なシャワーもありますが、個人的には結構重たいと感じましたので、固定のレインシャワーを利用しました。

お手洗いはウォシュレットつきです。お手洗いエリアのアート作品が素敵です。

洗面器は一つのタイプです。石鹸、シャンプー、コンディショナー、綿棒、シャワーキャップ、歯ブラシなどが用意されています。

洗面台の左側に見える二つの扉はクローゼットになっていました。

クローゼット内のアメニティ:
・スリッパ(無料)
・滞在中に使えるアリイのオリジナルバッグ(有料)
・浴衣式バスローブ(有料)
・アイロン
・アイロン台
・金庫
・スーツケースの台

特に他のヒルトンと違うと思ったのはアリイのオリジナルバッグです。こちらは滞在中に自由に使うことができます。バッグは持ち帰った場合には$25が滞在費に追加されますのでご注意ください。浴衣式のバスローブも同じで、持ち帰った場合には$65がかかります。

 

プール

2階にはアリイタワー専用のプールがあります。ルームキーがないと入れない形になっています。

繁忙期には混み合うこともありますが、パラダイスプールやスーパープールと比較して人も少なく落ち着いて利用できます。オーシャンビューのプールエリアはリゾート感もあります。

おすすめはこちらの海の目の前のプールチェア。朝8時のオープンから争奪戦が始まるチェアですが、早く起きる甲斐のあると思えるオーシャンビューです。

プール・チェアは1時間以上放置いたしますと、タオルが回収されてチェア確保がリセットされるシステムになっています。

プールサイド・バー

プールの横にはオーシャンビューのプールサイド・バーがあります。2022年8月時点の営業時間は午前11時から午後6時です。

トロピックスのキッチンからカクテルやビール、サンドイッチ、サラダなどのお食事をいただくことが可能です。お部屋につけることもできますし、現金払いも可能。

席は少ないですが、プールサイドでバーのカクテルなどを利用している方も多いため、それほど混んでいない印象です。ゆっくりとした雰囲気の中で海を見ながらのランチは格別です。

ジム

ジムはプールエリアのすぐ横にあります。こちらもアリイタワー専用のジムとなっております。プールと同じ営業時間(毎日午前8時から午後6時)でオープンしています。

ウェイトやバランスボールもあり、ウォーキングマシーン、バイクなども揃っています。

運動の後に喉を潤したい時にはお水も自由に飲むことができるにも嬉しいポイントです。

ジムの左奥にはサウナもあります。

ヒルトンのホテルポイントでアリイに滞在できた「からくり」

今回予約したのは「ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート」というくくりのリゾートです。このリゾートの中にはカリアタワー、タパタワーとダイヤモンドヘッドタワーが含まれています。今回は一番安い70,000ヒルトンポイントのリゾートビューのお部屋にしました。(前年までに繰越したHGVポイントで換算すると約4,400HGVポイントになります)。

そして気になる「なぜアリイタワーに変更できたか」をご説明しますと、チェックイン時にフロントの方にアリイへの変更ができるか聞いてみたのです。フロントの方は「$100の追加料金がかかるが、アリイに変更することが可能」と教えてくれました。せっかくなので泊まったことがないアリイに変更することにしました。(ご注意!!)アリイの空室状況により変更ができないこともありますので、ご注意ください。

$240のお部屋が$750のお部屋にアップグレードされた経緯

当初予約したお部屋は一番安いリゾートビューのお部屋で、ヒルトンオナーズのポイントでは70,000ポイント/泊でした。現金宿泊ですと$240ほどのお部屋です(時期によっては$350することもあります)。

アリイに宿泊タワーを$100で有償変更した後に、ダイヤモンド会員の特権として無償アップグレードしてもらうことができました。ラッキーなことにオーシャン・フロントのお部屋へアップグレードしていただけたのです。時期にもよりますが、本来であれば、1泊245,000ポイント必要とするお部屋でした。1泊$750するお部屋になりました(時期によっては1泊$1,300することもあります)。

なお、ポイント宿泊なので、リゾートフィー$50/泊がかからないのも良かったです。

★ゴールド&ダイヤモンド会員のアップグレードについて★

ヒルトンオナーズのゴールド&ダイヤモンド会員の場合、ヒルトンホテル(タイムシェアではない)に宿泊する際にお部屋に空きがあれば、アップグレードが可能です。ただし、空室状況により、アップグレードができない場合もあります。また、アップグレードされるお部屋のグレードもまちまちですので、その時の運次第となります。

また、ダイヤモンド会員(ゴールドも含む)の特権として1日1人$18のダイニングクレジットが部屋づけされます(最高1日$36まで)。ポイントは食事をする際に代金を部屋づけにすることです。チェックアウトした際にきちんと$36がディスカウントされていました。

ダイニング・クレジットはビレッジ内の下記レストラン&ショップで利用することができます。

トロピックス、バリ・オーシャンフロント、アリイのプールバーMix Bar、ハウツリー・キャンティーナ、Wiki Wikiマーケット、スターバックス、ラグーングリル、タパバー、ルームサービスの食事に利用することができます。

最後に

ザ・アリイのオーシャンフロントのお部屋をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。息をのむようなオーシャン・ビューを楽しむことができる贅沢なお部屋だと言うことがお分かりいただけたのではと思います。

タイムシェア・オーナー様の中でヒルトン・オナーズ・ポイントをお持ちの方のお役に立てたらと思います。またヒルトンホテルやタイムシェアの活用情報がありましたら、またお知らせしたいと思います。

ハワイのタイムシェアに特化したメルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信
ハワイのタイムシェア購入に関してZoomでお打ち合わせ