ホノルルのレンタル自転車「Biki」の使い方 〜アプリ使用方法も!〜

ホノルルのレンタル自転車「Biki」の使い方 〜アプリ使用方法も!〜

「Biki」とはホノルル市のレンタル自転車のことです。現在、約1,300台の自転車と130ヶ所以上のビキ・ステーション(ビキ・ストップ)があります。ビキストップに設置してあるタッチパネルや携帯アプリで支払うことができるので、店舗などへ出向く必要も、事前の予約も必要ないので、気軽に使えるレンタルシステムです。

今回は、Bikiのアプリをご紹介しながら、Bikiの利用法について実体験を交えてお伝えしたいと思います。最後に使ってみた感想を書いておりますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

目次

Bikiの料金

旅行者が使用できるプランは3種類です。

One way up to 30 min
1回利用30分まで

$4.50+税
✳︎同じアプリで4台まで借りることができます
✳︎最大30分まで利用が可能
✳︎その都度単発で利用する形です。
✳︎5分など、短い利用であっても同じ料金です。

The Jumper (24hr unlimited 30min rides)
ジャンパー (各回30分までの24時間使い放題)

$12+税
✳︎購入時刻より24時間有効
✳︎24時間以内であれば何度でも
✳︎各回30分まで使用できます

The Explorer 300 min
300分

$30+税
✳︎同じアプリで1台のみ借りることができます
✳︎300分に達するまで何回でも利用が可能
✳︎購入日より1年間有効

1年以内に数回Bikiを利用する見込みのある方は300分プランが良いかもしれません。300分以内であれば何度でも利用できます(1年間有効)。まずは一度試したいという方はOne Wayプランが良いでしょう。

Bikiの料金プラン

Bikiの料金を支払う方法

ビキの料金の支払い方には2つの方法があります

Bikiの専用携帯アプリで支払う方法(英語のみ)

Bikiストップに設置してあるタッチパネルから購入する方法(日本語あり)

ともにクレジットカードでの支払いとなります。

今回こちらの記事ではアプリの使用方法をご紹介いたします。タッチパネルの使用法については日本語のガイダンスに従っていただければスムーズかと思います。機会を見て、タッチパネルでの購入方法についてもご紹介できたらと思っています。

Bikiストップのタッチパネルを利用する際の注意点

なお、Bikiストップに設置してある料金徴収機で300分プランを購入した場合、2回目以降の利用時に本人確認のために、最初に決済で利用したクレジットカードを利用前に機械に入れる必要があります。同じカードがないとBikiを利用できませんので、どのカードを使ったか覚えておく必要があります。また、実際に友人が体験したのですが、Bikiストップのタッチパネルで使用したクレジットカードを紛失してしまい、Bikiが使えなくなり、Bikiのオフィスへ連絡して調整が必要だったというお話がありました。

Bikiステーション(Bikiストップ)の場所

2021年現在、130ヶ所以上のビキ・ステーション(ビキ・ストップ)があるのですが、全てホノルル市内にあります。カイルアやコオリナなどの他のタウンにはありません。西はコストコがあるイウィレイ地区から、東は土曜日のファーマーズマーケットでおなじみにKCCまで、ホノルル中心地にビキストップがあります。

ヒルトンハワイアンビレッジのアリイタワーの後ろ(トロピックスの脇)にBikiストポップがあり、そちらがビレッジに最も近いステーションです。ワイキキのホクラニやウィンダム物件の近くにもBikiストップがあります。

ワイキキはもちろん、アラモアナ周辺やKCC、モンサラット、ダウンダウン、カパフル周辺にもBikiストップがあるので、滞在先から目的地までの移動手段として重宝します。アラモアナショッピングセンター、レナーズ、アラモアナショッピングセンター、ボーガーツカフェ、KCCのファーマーズマーケットなどにも利用できます。

Bikiステーションの地図

Bikiの年齢制限について

Bikiは16歳以上であれば、利用することができます。

Bikiを借りる前に確認をすること

・近くにBikiストップがあるか確認。
・スタート地点のBikiストップに自転車が十分にあるか確認
・目的地のBikiストップに自転車が十分にあるか確認(満車の場合には無料で15分延長手続きをして、近くのBikiストップにとめに行くことができます)
・1回分の購入をアプリでする場合、5分以内に利用する必要があるので、Bikiストップの近くで購入するのがおすすめです。
・Bikiストップにとまっている自転車の状態を確認(空気が入っているか、壊れている様子はないか)
・先にサドルの調整をすると時間のロスが少なく済みます。
・Bikiストップの地図を確認して、事前にルートを決めましょう。

Bikiアプリについて

コロナ渦の今、公共の場所にあるタッチパネルを触らずに済むのであれば、ご自身の携帯で支払いをするなど、とても便利に感じる方も多いはずです。Bikiも専用アプリがありまして、支払い、コード取得、自転車の在庫確認をすることができ、とても便利なアプリです。

尚、アプリがなくても、Bikiストップの機械でタッチパネルを使って購入することもできます(方法については、また別の機会にご紹介したいと思っています)。

Bikiアプリの機能
・アカウント作成
・支払い
・ロック解除のためのコード番号取得
・Bikiストップの地図
・自転車在庫の確認

日本の携帯からもダウンロードが可能です(一部ダウンロードできない場合もあるかもしれません)。

Bikiアプリのダウンロード方法

BikiのアプリはApp Storeで「Biki」と検索すると見つけ出すことができるかと思います。なお、アプリは現在英語のみの提供となっております。日本語での対応をご希望の場合には、Bikiストップのタッチパネルをご利用ください。

Bikiアプリでアカウント作成する方法

Bikiのアプリにおいて、プランを購入すると、同時にアカウントの作成をすることができます。1回分($4.50)のプランを購入する場合は5分以内に利用することが必要です。300分プランは1年以内に利用する形なので、出発前日などに済ませておくと良いかもしれません。

1) Bikiのアプリを開ける

Bikiのアプリを開く

2) 右下の「人のアイコン」を押す。

Bikiのアプリの右下の人のアイコンをクリック

3) 右上の「Buy a plan」を押す。

初めての場合には「Buy a plan」からプラン購入とアカウント作成を同時に行います。アプリでの購入2回目以降は、ログインするために「Log in」からスタートです。

右上の「Buy a plan」を押す。

4) 好きなBikiのプランを選択し、Nextを押す。

2021年11月現在、旅行者が選べるプランは以下の3つです。

1回利用(30分まで)

Bikiのプランを選ぶ:1回分(30分まで)

300分使い放題(1年間有効)

Bikiのプランを選ぶ

The Jumper (24hr unlimited 30min rides)
ジャンパー (各回30分までの24時間使い放題)

5) ステップ1 個人情報を入力

個人情報とパスワードを入力。ここで入力したメールアドレスとパスワードがBikiのログイン情報となります。

6) ステップ2 カード情報を入力

7) ステップ3 同意書

8) 購入確認画面

確認画面で最終確認をし、問題なければ、進みます。

9) 購入完了画面

購入を完了するとOrder Confirmation画面が表示されます。ここでアプリを閉じないでください。すぐに一番下の「Unlock my bike now」をタップし、コードを発行します。

10)コードを確認する

コードが発行されますので、コードを暗記もしくはスクリーンショットしておきましょう。5分以内に使いたい自転車に入れてロックを解除します。

Bikiの借り方(ロックの解除)

アプリもしくはBikiストップで支払いを終えたら、コードが発行されますので、そちらのコードを使って、自転車のロック解除をします。手順を記載いたしますので、ご参考いただければと思います。

1)使いたい自転車を探しておきます。

赤いランプがついている自転車は壊れているもしくはメンテナンスが必要な自転車です。ランプが点灯していない、タイヤに空気が十分入っている自転車を探してみましょう。

ランプがついていない自転車は使用できる自転車

1)プランの購入・コードの発行(5分以内に失効します)

Bikiストップの料金徴収機もしくはBikiアプリでプランを購入し、コードを発行します。アプリでの購入方法は上記手順をご参照ください。

2)使いたい自転車のドックにコードを入れます。

お好きな自転車を選び、前輪の左側にBikiの機械がありますので、そちらにコードを入れます。

Bikiを借りるためのコードを入れます

3)緑のランプがついて、ロックが解除されます。

コードを入れ、黄色のランプが数秒ついた後に(これが結構長いので気長に待ちます)、緑のランプがつきます。これでロックが解除され、その時点で時間がカウントされ始めます。(赤いランプがついた場合はエラーですので、もう一度コードを入れてみてください)

黄色いランプがついている時は処理中という意味です 緑に点滅している場合はドックがうまく解除された、もしくはロックがかかったという合図です

4)自転車を取り外して、乗り始めることがで来ます。

アメリカなので、自転車の窃盗はよくあります。鍵をかけていても盗まれてしまうことがあるほどです。Bikiの方針で自転車は目的地への交通手段として利用するようにお願いしており、寄り道をしたり、Bikiストップ以外のどこかに駐輪することは禁止されています。万が一、窃盗にあってしまった場合、$1,000以上の支払い請求があります。自転車利用時に自転車の元から離れたりしないようにご注意ください。また、自転車を返す際にも、必ず返却扱いになっていることをダブルチェックしましょう。

Bikiの返し方

1)目的地のBikiストップについたら、空いているドックに自転車を駐車します。この時強めに入れる必要がありますので、何度かトライしてみてください。
2)ドックの鍵が車輪にかかり、緑色のランプがつくことを確認。見逃してしまった場合、自転車がロックされているか強めの力で確認してみてください。

Bikiを返却したつもりになっていて、実際には返却されていないと超過料金が何時間も請求されることになりますので、その点ご注意ください。利用中状態の自転車を探しているもいるそうですので、返却は緑のランプが着くまで必ず確認することがおすすめです。

Bikiのレンタルを体験して分かった注意点について

・アメリカの機械だからか、少しロックが硬いドックもあるようです。「解除したのに自転車が外れない!」という場合は少し強めに手前に引いてみてください。

・一回分のプランを購入後、色々と手間取ってしまい、時間ロスをしたため、プランが失効し利用できませんでした(泣)。確認事項を先に済ませてから購入することをおすすめします。

・自転車の返却の際に、緑のランプが点滅したか確認し忘れてしまい、きちんと返却できたか不安になりました。返却した自転車を強めにひっぱり、外れないことを確認しました。(プラン続行中の時にアプリをみても返却が完了しているか確認できません)。

・目的地のBikiストップのドックの空き状況の確認は大事だと改めて思いました。例えばモンサラットは人気スポットのため、ドックの空きが少ないことが多いです。また、周りにも他のBikiストップがないので、モンサラットは特に要注意です。ドックがないと困るエリアもあることを踏まえ、万が一ドックがいっぱい出会った時のために、目的地周辺に他のBikiストップがあるか確認するのも良いかもしれません。

最後に

普段車や徒歩での移動をしていると、なかなかBikiの利用はしないものですが、今回はBikiのアプリを使用して自転車を借りる方法をお伝えしました。自転車に乗ってホノルルを移動したいタイムシェア・オーナー様のお役に立てればと思います。

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信