【2022年2月24日にヒルトンがポイントを1.6倍に調整をしました】
2022年2月24日以前に公開されたブログ記事は原則、旧ポイントでの表記となっておりますこと、ご了承のほどお願い申し上げます。

ポイント調整について

コンラッド大阪 エグゼクティブ・コーナー・ルームのご紹介

コンラッド大阪 エグゼクティブ・コーナー・ルームのご紹介

先日、コンラッド大阪のツインルーム(プレミア・ビュー)をご案内しましたが、今回はエグゼクティブ・コーナー・ルーム(ツイン)のご紹介です。エグゼクティブ・ラウンジが利用可能な権利も付随してくる特別なお部屋となっております。

それでは詳しく見ていきましょう!

コンラッド大阪について

「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」とはヒルトンの1つのブランドで、2022年7月現在、世界中に29のホテルを展開しています。日本国内には現在、コンラッド大阪とコンラッド東京の二つのコンラッド系のホテルがあります。2026年にはコンラッド名古屋もオープン予定です。

コンラッド大阪は中之島のフェスティバル・タワー・ウェストというビルの最高層階に位置しています。大阪駅からは車でスト5分ほどの場所にあります。ホテル内にはレストラン、バー、プール、スパ、フィットネス・ジムなどの施設が備わっています。

コンラッド大阪
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3-2-4

アクセス
京阪中之島線「渡辺橋駅」12番出口 直結
大阪メトロ四つ橋線「肥後橋駅」4番出口 直結
大阪メトロ御堂筋線・京阪本線淀屋橋駅7番出口より徒歩6分

必要ポイント数・宿泊費について

2022年7月現在、現金宿泊ですと今回こちらの記事でご紹介するエグゼクティブ・コーナー・ルームは1泊約67,000円から予約ができるようです(現金宿泊の場合、宿泊税15%がかかります)。ヒルトン・オナーズ・ポイントでも予約が可能です。1泊182,000ヒルトンオナーズポイントからコンラッド大阪の予約が可能です。

コンラッド大阪

コンラッド大阪にはレストラン、バー、プール、サウナ、スポーツジムなどが完備されています。コンラッド大阪の設備について詳しく記載のある記事がございますので、よろしければ合わせてご参照くださいませ。

お部屋タイプ

コンラッド大阪の部屋タイプは大きく分けて3種類ですが、さらにお部屋の種類は細分化されています。今回ご紹介しているのはエグゼクティブ・コーナー・ルームで、定員は大人3名となっております。

デラックス(120室)
● デラックス・ルーム 50㎡ (キング又はツイン)
● プレミアム・ビュー・ルーム 50㎡ (キング又はツイン)

エグゼクティブ(36室)
● エグゼクティブ・ルーム 66㎡(キング)
● エグゼクティブ・コーナー・ルーム 66㎡(キング又はツイン)

スイート(8室)
● エグゼクティブ・スイート 100㎡(キング)(3室)
● エグゼクティブ・コーナー・スイート 100㎡(キング)(4室)
● コンラッド・スイート 220㎡(1室)

エグゼグティブ・ルームに宿泊するメリット

エグゼクティブ・ルームに宿泊するメリットについてお伝えします。エグゼクティブがルームタイプのお名前に入っているお部屋に滞在する場合には、エグゼクティブ専用ラウンジを利用することができます(無料)。エグゼクティブラウンジはエグゼクティブ系のお部屋に宿泊されるゲストだけが利用できるラウンジとなっています。国内にはエグゼクティブルームがあるヒルトンホテルは多数あり、コンラッド大阪もその一つです。記事の最後にラウンジの様子をお伝えしますので、最後までお付き合いいただければと思います。

エグゼクティブ・コーナー・ルーム(ツイン)のご紹介

今回ご紹介しているのはエグゼクティブ・コーナー・ルームというお部屋で角部屋となっております。66㎡の広さがあります。お部屋番号の下二桁が
「02」「03」「12」「13」「22」「23」「32」「33」のお部屋番号(各階、合計8部屋)がエグゼクティブ・コーナー・ルームとなっております。

今回のお部屋は西向きのシティビューを楽しめるお部屋でした。コンラッド大阪は200メートルの高さがあるので、お部屋からのビューも格別です。

ベッドの上にはコンラッド・テディ・ベアとコンラッド・ダックが置かれていて、お持ち帰りすることができます。

デスクと化粧台も完備しています。

よく見るとテーブルの上にあるのはウェルカムドリンクのお酒でした。

アルコールスプレーもいただくことができて、快適な滞在をするためのおもてなしを感じます。

バスルームには洗面台が2つと、景色をみながらゆっくりお風呂につかれる大きなバスタブも。

バスルームのアメニティグッズもコンラッドホテルなだけに、グレードが高いことを感じます。

お手洗いはウォシュレット付きです。

クローゼットにはアイロン、アイロン台、バスローブ、そしてスーツケース台が用意されています。ランドリーサービス用(有料)のオーダーシートとランドリーバッグも。

引き出しの中にはパジャマ、金庫やスリッパが用意されています。

ドリンクバーも充実しています。コーヒーやお茶は無料でいただけます。

冷蔵庫の中のドリンクや引き出しの中のお酒類は有料で、ルームチャージとなります。

Bose(ボーズ)のスピーカーやDyson(ダイソン)のドライヤーが用意されており、通常のお部屋よりもグレードが高いものを完備しています。

ベッドサイドテーブルにはスピーカーとタッチパネルがあり、エアコン、照明、アラーム、カーテンをコントロール(設定)することができます。

エグゼグティブ・ラウンジについて

コンラッド大阪のエグゼクティブ・ラウンジは39階にあります。エグゼクティブ・ルームに滞在している方であれば無料で利用することができます。ラウンジはアフタヌーンティーやカクテルタイムで飲み物やスナックが提供されています。ラウンジ内には会議室もあり、ビジネスーティングに利用が可能です(有料)。

コンラッド大阪の営業時間は常に変更になっているようですので、お部屋の予約をされる前にホテルの方へご確認いただければより安心かと思います。コロナの影響で一時は金土日の営業のみとなっていた時期もあったそうです。

朝食はATMOSで

ラウンジでの提供は軽食程度なので朝食はロビー階(40階)にあるATMOS(アトモス)というオールダイニングのレストランでいただきます。

ダイヤモンド会員なので一番安いお部屋がエグゼクティブルームにアップグレードされました

なお、今回の滞在はダイヤモンド会員のため、一番安いデラックスルームで予約を入れましたが、エグゼクティブ・コーナー・ルームへのアップグレードとなりました。空室状況によりアップグレードされるお部屋が異なりますので、ご注意ください。

エグゼクティブ・ラウンジが使えたのは良かったですが、Atmosでの無料朝食も非常に助かりました。ご存知の方も多いかと多いますが、アメックスのヒルトンクレジットカードでダイヤモンド会員になることができます。

最後に

今回はコンラッド大阪のエグゼクティブ・コーナー・ルームのご紹介でした。いかがでしたでしょうか?エグゼクティブルームは広々とし間取りで、エグゼクティブ・ラウンジを営業時間中何度でも利用できるのが魅力的です。コロナの影響で提供されている飲み物や食事の品数が少ない場合もありますので、その点念頭に入れていただけたらと思います。

日本国内はもちろん、世界各国にあるヒルトンホテルに滞在して旅行をするのもヒルトンの楽しみ方の一つだと感じます。ヒルトンホテルの滞在記をこれからもアップしていこうと思います。最新情報は弊社メルマガ「くじら通信」にて毎月2回配信しております。

タイムシェアのご購入はくじら倶楽部へお気軽にご相談ください。

 

ハワイのタイムシェアに特化したメルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信
ハワイのタイムシェア購入に関してZoomでお打ち合わせ