量り売りは難しい?ポケやお惣菜のオーダー方法をズバリ解説!

量り売りは難しい?ポケやお惣菜のオーダー方法をズバリ解説!

ハワイをはじめ、アメリカでは、お肉、お惣菜、ポケなどを注文する際に、量り売りをしてくれるお店が多いです。ショーケースに並んでいるコーナーの食品を必要な分だけ購入することができます。そこで、ハワイ滞在中にポケを注文する際に誰もが戸惑う量り売りコーナーで「パウンド」の使い方をこちらの記事で詳しく解説いたします。

量り売りの難しさはハワイリピーターであれば、誰もが経験するのではと思います。ハワイ滞在中のご参考になればと思います。

1パウンドは何グラム?

ポケの量り売りをどのように注文するか解説

まず、1パウンドはグラムにするといくらかというと、「1パウンド=約453グラム」です。日本の感覚で考えると、とても半端と感じてしまいますが、ハワイをはじめ、アメリカではパウンドが一般的です。逆にグラムやキロでお店の方に伝えても通じませんのでご注意ください。これを機に、パウンドを覚えて次回のハワイ旅行の際に使ってみた頂けたらと思います!

尚、パウンドよりも小さな単位にounce(オンス)というものがあります。1オンス= 約28グラムで、16オンスで1パウンドになります。オンスは料理本のレシピなどでは使いますが、オンスはご旅行中にあまり使う機会がないかと思いますので、こちらの記事では量り売りで実用できるパウンドにフォーカスしてお話したいと思います。

パウンド表記の読み方

お店でのパウンド表記の読み方

グラムの場合「gm」や「kg」と表記をしますが、パウンドの場合、「lb」を使います。たとえば、$13.99/lbと書いてあれば、1パウンド$13.99するということになります。 ハーフパウンドをオーダーすれば、約$7かかるという計算になります。

ここで、なぜ「LB」なのか?と疑問に思われる方も多いのではと思います。なぜ「LB」かと申しますと、パウンドはラテン語で「libra pondo」と言い、LBはこのlibra pondoを略した表記なのです。

パウンドのコツ 覚えるのは三種類!

アメリカでは1パウンド(ワンパウンド)、1/2(ハーフパウンド)、1/4(クォーターパウンド)の三種類をよく使います。逆にこれ以外は使いませんので、この3種類を覚えれば問題ありません。

それぞれの重さを頭にいれておくと注文する際にイメージしやすいです。とてもざっくりとしたパウンドのグラム換算ですが、私がハワイ生活をはじめた頃、以下のように頭に叩き込みました。簡単に言うと大中小のイメージです。

1パウンド(ワンパウンド)
450グラムぐらい(4-5人用)

1/2パウンド(ハーフパウンド)
220グラムぐらい(2-3人用)

1/4パウンド(クォーターパウンド)
110グラムぐらい(1人-2人用)

実際に使われている量り売りの容器について

ポケや肉の量り売りに使われている容器

実際に使われている容器は下記3種類です。

大:ワン・パウンドの容器(直径11.5cm 高さ15cm)
中:ハーフ・パウンドの容器(直径11.5cm 高さ7.6cm)
小:クォーター・パウンドの容器(直径11.5cm 高さ2.5cm)

我が家は3人家族なのですが、ポケの場合はポケを2種類、クォーター・パウンドずつ購入することが多いです。ワンパウンドの容器は大家族でない限りあまり使わない容器かもしれません。上記写真はハーフ・パウンド(中)とクォーター・パウンド(小)の容器です。(写真の枝豆のガーリックポケはローカルに人気のおつまみです!)

量り売りで注文をする方法 パウンドを使ってみよう!

こちらの英語を覚えましょう!

I would like to get <商品の量> of <商品>.

例えば:

I would like a pound of shoyu poke.
(アイ ウッド ライク ア パウンド オブ ショウユ・ポケ)

I would like a half pound of shoyu poke.
(アイ ウッド ライク ア ハーフ・パウンド オブ ショウユ・ポケ)

I would like a quarter pound of shoyu poke.
(アイ ウッド ライク ア クォーター・パウンド オブ ショウユ・ポケ)

難しければ、買いたい食品をガラス越しに指を指して、「This, half pound, please.」でも充分通じますのでトライしてみましょう!

尚、お肉やお魚などの量り売りの場合はパウンドではなく、枚数を伝えるとスムーズです。お肉やお魚の量り売りはまたの機会にご紹介したいと思います。

まとめ

ポケやお惣菜の量り売りについて解説いたしましたが、いかがでしたでしょうか。何度か量り売りのオーダーにチャレンジして、慣れていくと、意外にも簡単なことがわかります。とにかく、大中小、3パターンの重さのフレーズを覚えて、実践あるのみではと思います。次回のハワイ旅行で是非試してみて下さいね。