ハワイのタイムシェアならくじら俱楽部へ!

ハワイのタイムシェアに関する資料請求ページ

ハワイ旅行をした際に、アラモアナ、Tギャラリア、ワイケレなどの案内ブースでヒルトンやマリオットなどのタイムシェアリゾート会社に一度は声をかけられたことがある方も多いのではないでしょうか。または、ハワイの別荘についてネット検索した際にタイムシェアという言葉を目にしている方もいらっしゃると思います。くじら俱楽部はタイムシェアのリセール(中古)物件を扱っている不動産会社です。こちらの記事では、ハワイのタイムシェア、リセール、メリットとデメリット、リセールの制限事項ついてご説明いたします。

まずはタイムシェアの資料請求はこちらから

タイムシェアとは?

タイムシェアとは、1年を52週に分け、1週間単位で購入する不動産所有権です。内装は豪華で、ちょうどコンドミニアムとホテルをかけ合わせたイメージです。

1つのお部屋を1年52週分に分けているので、1オーナー1週間ずつ滞在することを想像すると、52組のオーナーがそれぞれ予約をしたい時期にできないのでは?と思われる方もいらっしゃいます。

必ずしも、そのお部屋の全てのオーナーが、所有しているお部屋に泊まるとは限りません。タイムシェアはポイント制度を導入しており、他の物件タイプや建物、提携リゾートやホテルの予約が可能です。

こうしたことから、タイムシェアはリゾート会員権に非常に似ていると言えます。ただ、アメリカのタイムシェアは一般不動産と同じ立ち位置で、ハワイ州に不動産として登記されます。不動産なので、マンションと同じで、固定資産税と管理費(運営費、積立金や修理等を含む経費)が必要です。

タイムシェアはマンションとは違い、ホテルやリゾート会社が運営しているので、一流のサービスを受ける事ができますし、毎日ではないですが滞在中に一度清掃も入ります。

オアフのタイムシェア

ハワイはオアフ島のタイムシェアの地図 ハワイでは4社のリゾート会社がタイムシェアを運営しています。ヒルトン、ディズニー、マリオット、ウィンダムです。ハワイでは、日本人にとても人気のあるタイムシェアがヒルトンとディズニーのアウラニです。

運運営しているリゾート数はこちらの通りです。

ヒルトン  55
マリオット  61
ディズニー  15
ウィンダム  108

タイムシェアの大きな特徴はポイント制度が導入されていることです。ポイント制度システムにより、他のお部屋や建物、提携リゾート、系列ホテルや交換ネットワークのホテルやリゾートで宿泊することができます。ポイント制度は各リゾート会社により、内容が違いますので、少しややこしいですが、タイムシェアを運営する会社の特徴とポイント制度の違いを解説いたします。

まずはタイムシェアの資料請求はこちらから

ヒルトンのタイムシェア

ヒルトンのタイムシェア、上空の写真

ヒルトングランドバケーションズはオアフ島に5つのリゾートを運営しています。ワイキキビーチに近いヒルトンハワイアンビレッジ内に4棟タイムシェアがあります。ビレッジ内の建物はラグーンタワー、グランドワイキキアン、カリアタワー、グランドアイランダーです。5つ目のホクラニはワイキキ中心地に位置しており、買い物やレストランに近い場所にあります。尚、ヒルトンはハワイ島にもタイムシェアリゾートを運営しています。ヒルトンのタイムシェアの特徴はポイント活用が様々あることです。

ヒルトンのポイント制度

ヒルトンはポイント活用の幅がかなりあります。運営しているタイムシェアリゾートや提携リゾートそしてホテルが豊富なので、選択肢がたくさんあります。ハワイ(オアフ島やその他の島)をはじめ、アメリカ本土やヨーロッパにも予約できるリゾートがあります。また、ヒルトンの場合、日本にたくさんのヒルトンホテルがあるので、ハワイ物件を所有していて、どうしてもハワイに来れない年は、国内のヒルトンホテルや提携リゾートを予約することが出来ます。そのネットワークの中には2020年にオープンしたばかりの瀬底のホテルも含まれているので、ポイント制度はオーナー様にとって、非常に便利なサービスです。

ディズニー アウラニのタイムシェア

ディズニーのタイムシェア、アウラニ

ディズニーのアウラニ (正式名:アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ) はオアフ島の西側に位置するコオリナという地域にあります。空港から車で約30分。マリオットのタイムシェアも同じ地域にございます。お子様にとても人気なリゾートです。ディズニーキャラクターに会えるレストラン、そしてスライダーや流れるプールがあり充実した滞在ができます。また、リゾートの前にはラグーンもあるのが特徴です。

ディズニー・アウラニのポイント制度

アウラニはお部屋の配属がなく、ポイント所有の権利となります、完全ポイント制です。時期、お部屋の広さ、眺めによって1泊に必要なポイント数が変わります。ポイントを使ってハワイのアウラニ、ロサンゼルスやオーランドのディズニーワールド内のホテルに宿泊することが出来ます。リセールでアウラニを購入した場合には、東京ディズニーランドのホテル、香港と上海のディズニーホテル、そしてクルーズに利用する事が出来ません。

マリオット コオリナのタイムシェア

マリオットのコオリナ タイムシェア

マリオットのコオリナ(正式名:マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ)はオアフ島の西側に位置するコオリナという地域にあります。空港から車で約30分。アウラニとも同じエリアにあります。小さなお子様づれのご家族よりも、ゆっくりと過ごしたい方向けという印象です。アメリカ人にも人気なリゾートです。

マリオットのポイント制度

マリオットはリゾートから購入した場合、ポイント制度があります。リセール(中古)物件の場合、ポイントがつかないので、ポイント制度を利用することができません。1週間単位の不動産所有権のみの利用となります。ヒルトン、ディズニー、ヒルトンはリセール物件を購入してもポイント利用で様々な提携リゾートに交換をして活用できますが、マリオットコオリナのリセール物件は、1週間単位でコオリナに泊まるという権利のみです。*ただし、交換効率は悪くなりますが、II(Interval International)というポイント交換のシステムを経由すると、間接的に他のマリオットタイムシェアリゾートを利用することが出来ます。この場合、交換相手が見つかるまでの予約のリクエスト、という形にとなり、その交換が成立するかは、状況次第となります。

ウィンダムのタイムシェア

ウィンダムのタイムシェア 「ビーチウォーク」の外観

世界最大のリゾート会社ウィンダムが運営するタイムシェアはオアフ島に2つあります。ビーチウォーク(正式名:ウィンダム・ワイキキ・アット・ビーチウォーク)とロイヤルガーデンです。ビーチウォークはシェラトンワイキキの隣りに位置しており、ロケーションが抜群です。ヒルトン、ホクラニのちょうど向かい側に位置しています。目の前は、ビーチウォークのショッピング街でレストランやギフトショップも豊富に揃っています。ウィンダムはハワイ島とカウアイ島にもタイムシェアを運営しています。*ウィンダムのタイムシェアの内装はヒルトンほど凝っていないません。新しい内装や広々した雰囲気がお好きな方はヒルトンやアウラニ、マリオットがおすすめです。

ウィンダムのポイント制度

ウィンダムはアウラニ同様に、お部屋の割り振りがなく完全ポイント制です。お予約や部屋の選択に柔軟性があります。 アメリカ本土やヨーロッパにもリゾートがあるので、活用の仕方が豊富です。

まずはタイムシェアの資料請求はこちらから

タイムシェアに向いている方の特徴

チェックリスト
□ ハワイが大好き
□ 毎年(もしくは2年に1度)ハワイに行く
□ 半年から1年前に旅行計画を立てることができる
□ 滞在型の旅行スタイルが好き

タイムシェアのメリット

ハワイの代表的なタイムシェア、ヒルトングランドワイキキアン

・豪華なお部屋に滞在できる
タイムシェアの最大のメリットは、ワンランク上のお部屋に泊まれることです。タイムシェアは通常のホテルのお部屋の2〜3倍の広さあり、とても広々しています。間取りは1LDKや2LDKのキッチン付きのスィート・タイプが最も標準的です。例えば、ヒルトンの1LDKは55から75平方メートルの広さがあります。かなりゆとりのある間取りです。ディズニーのタイムシェア、アウラニの1LDKも75平方メートルあります。リゾートによっては3LDKやメゾネットタイプのお部屋を用意しているところもあります。

・キッチンや洗濯機付きのコンドミニアムタイプ
タイムシェアのもう一つの魅力は、キッチン、洗濯機・乾燥機が備わっているということです。キッチンが付いているので、お子さんやご年配のご家族がいても、それぞれのライフスタイルに合った食事を用意することができたるので、ストレスが少なく済みます。また、レストランなどの料理をテイクアウト、スーパーやファーマーズマーケットで買い物をしてお部屋でハワイの食材や食事をいただくという楽しさもあります。 タイムシェアは別荘と同じような感覚で滞在を楽しむことができます。パッケージツアー等で提供されるホテルでは味わうことのできない体験と言えます。

・毎年ハワイに旅行する人生
タイムシェアを所有してから、毎年ハワイに来るようになります。ご家族でハワイ旅行にいく場合、毎年ハワイに行くことが家族の楽しみになり、ハワイ旅行は家族の絆も深まります。また、会社勤務の方は「毎年同じ時期に海外旅行に行く◯◯さん」というスタンスが確立されるので、毎年1週間などまとまった休みが取り安くなったという話も聞きます。

・タイムシェアは中長期的に経済
ホテル代とタイムシェアにかかる年間管理費等を考えると、中長期的に費用を抑えることできます。毎年4人家族で旅行をするライフスタイルの人は、年間管理費や年会費の支払いがあっても、8年から10年使う事で、最終的にもとが取れて、経済的であると言われています。また、外食にかかる金額やチップは塵も積もれば山となります。キッチンつきのタイムシェアでお料理する事により、健康的なだけではなく、食費の節約にも繋がります。

・交換利用ができる
タイムシェアの大きな特徴として、交換利用が可能なシステムがあります。タイムシェアの交換利用システムにより、所有している物件やリゾート以外での利用が可能となります。つまり自分の所有するリゾートと、他の人が所有するリゾートとの交換が可能ということです。中には自分で所有しているリゾートに一度も泊まらずに、毎年他のリゾートとの交換をしながらバケーションを楽しむというような、タイムシェア活用をしている人もたくさんいます。

・いつも綺麗なお部屋を維持
5年に1度、内装のリニューアルが行われるので、常に綺麗なお部屋に泊まることができます。お部屋の家具や内装、修理等は管理費から捻出されます。

まずはタイムシェアの資料請求はこちらから

タイムシェアのデメリット

・予約制度
理論上、1物件あたりに対して、52人のオーナーがおり、オーナーがバラバラに予約を入れるということはなく、日本で言う夏休み・春休み・ゴールデンウィーク、そして年末年始のピークシーズンには予約が集中することが多く見られます。たとえば、ヒルトンの場合、年末年始やお盆や固定週の物件を所有していないと予約がかなり取りづらい状況ですが、その他の繁忙期であれば、予約は取ることが出来ます。

予約の種類を理解し、予約の仕方(タイミングなど)を習得していれば問題ないのですが、予約の方法が分からないと、予約が取りにくいと感じるかもしれません。ただし、予約の種類や方法やそれほど難しいことではありませんので、ご安心ください。分からない事があれば、くじら俱楽部がお教えします。

・計画的な旅行プランが必要です
旅行の計画はは1年から、少なくても半年前には確定をして、タイムシェアの予約を入れる必要があります。例えば、ヒルトンの場合、所有している物件タイプには優先予約期間が設けられているので、その期間がオープンしたら、すぐに予約をいれらるようにするとプランがスムーズにいきます。

・タイムシェア購入時の物件選びが難しい
ご自身のバケーションスタイルに合っていないタイムシェアを購入してしまった場合、希望通りの予約が取れないということもあり、せっかく買ったのに利用できなかった、ということが起きてしまうということもあります。たとえば、購入できる安い値段だからという理由で、ハワイ島の物件を買った方が、後々、実はワイキキに毎年泊まりたかった、なんという方も中にはいらっしゃいます。あるいは毎年旅行したいのに、安い隔年物件を買ってしまい、使い勝手が悪いこともあります。こうした理由から、正しい物件選びがキーとなります。

・初期投資が必要
通常タイムシェアの平均価格は200万円から500万円です。ただし、予約保証タイプの固定週物件は相場が高く、1000万から3000万円ほどの値段がつくような高額な物件もあります。固定週は予約保障制度のプレミアムが費用が上乗せされるため、予約保証タイプの固定週物件は通常2割から7割ほど値段が高いです。 中には、タイムシェアは欲しいが初期投資がなかなか捻出できないという人もいます。この場合、各リゾート開発会社ではローンを準備している場合が多いので、それを活用するのもひとつの手でしょう。くじら俱楽部ではローンのご提供は致しておりません。

・年間管理費と会費
タイムシェアは年間の管理費とヒルトン年会費が毎年かかります。たとえば、ヒルトンの場合、1年分の管理費を年初めに支払う形です。物件の大きさにもよりますが、年間約500ドル〜2,500ドル程の維持費がかかります。この年間の維持費は毎年所有している以上必ずかかるもので、「今年は使いたくないから払わない」ということはできません。*隔年物件の場合、ポイントが付与される年にのみ管理費を払う事になります。

・不動産なので相続できます
タイムシェアは不動産登記されますので、物件をご家族に相続することができます。

・直販で購入した場合、手放す際には戻ってくる金額が大幅に下がります
タイムシェアの購入のデメリットとして、直接リゾート会社から購入した場合、リゾートへ支払った金額と、手放すときの売出金額が直販価格の半額以下になります。タイムシェアの物件は年々上がっていると言われていますが、これはリゾート会社が提示しているタイムシェアの直販価格のことを指しているので注意が必要です。尚、タイムシェアを手放すときには、リゾート会社は買い取ってくれません。タイムシェアの売却はリセール(中古)物件として、我々くじら俱楽部がご提供するリセール(中古)市場で売りに出します。逆を言うと、タイムシェアを買うならリセール物件であれば、お得に入手できるということでもあります。

ハワイのタイムシェア 価格について

ハワイに別荘を所有する場合、金銭面や管理面でも難しいところです。その点タイムシェアは、価格的にもお手軽ですし、リゾート会社がお部屋や建物を管理してくれるので、管理面でも難しくありません。 一般的にタイムシェアの価格は、車一台分とよく言われ、2万ドル(約200万円) から20万ドル(約2,000万円)前後と幅があります。

リセールとは?

リセールという言葉を初めて耳にする方も多いと思います。リセールとは「誰かが所有しているタイムシェア物件を購入する」ということです。高齢になった、子供が大きくなりタイムシェアを利用しなくなった、など、色々な事情でタイムシェアを手放す方がいらっしゃいます。タイムシェアにもリセール(中古)市場は車の中古市場と似ています。ただ、車は古くなっていきますが、タイムシェアは新品でリゾートから買ってもリセールで買っても泊まるお部屋は同じです。リセール物件が直接リゾート会社から購入した物件より古いという事ではありません。

リセール物件は直販物件価格に比べて、30%から70%OFFです。タイムシェアはリセールであれば、お得に購入することが出来ます。中には「なんでこんなに安いのですか?」と不安になる方もいらっしゃいます。諸事情でタイムシェアを手放したい方がリセール市場で売却をしていますので、その際にオーナーご自身がリセール価格を決定します。売出し時に売り出し中物件リストに出されているリセール価格を参考に、自分の好きな価格をつけて売ることが一般的になっています。早く手放したいと思われている売主であれば価格を下げて売り出しをしますし、急いでいない場合もしくは人気物件の場合は価格が上がります。

まずはタイムシェアの資料請求はこちらから

タイムシェア リセール物件の制限

タイムシェアのリゾート会社は、リセールでタイムシェアを買った場合、ある制限を設けています。これは、リゾートの新規の販売を維持するための策です。タイムシェアのリセール物件を購入する前に、リセール特有の制限を理解した上で、購入をしましょう。毎年利用することにより費用を回収してから、また売却するという選択肢もあります。

それでは、日本人に人気なハワイのタイムシェア、「ヒルトン」と「アウラニ」のリセール物件を購入した場合の制限についてお伝えします。

上記の制限を除けば、リセールと直販のタイムシェアはほとんど変わりなく、不動産としての相続や将来の売却も出来、使い方次第でその利点をフルに活用して、グレードの高いお部屋で快適なバケーションを楽しむことができます。

ヒルトン リセール物件の制限事項

・エリートステータスがもらえない
ヒルトンから直接タイムシェアを購入した場合、累計14,000ポイント以上の物件を所有していると、エリートメンバーというステータスをもらうことができます。リセールでヒルトン物件を購入した場合、エリートメンバーのステータスがもらえないという制限があります。ヒルトン タイムシェアのポイントを使わないときにはヒルトンホテルのポイントへ交換できますが、エリートメンバーのステータスを持っていると、ホテル利用時にお部屋のアップグレードや朝食が無料になる等の特典がつきます。ただし、ホテルポイントへ移行せずに、タイムシェアを使う利用スタイルであれば、全く問題がない制限だと言えます。

・ヒルトンのアップグレード制度を利用できない
ヒルトンではアップグレードという制度があり、お持ちのタイムシェア物件をグレードの高い物件に変更することができます。所有している物件をヒルトンが下取りし、追加の購入料金を支払うことで、大きな物件に買替えをするというアップグレード制度です。ちょうど、携帯の下取り制度に似ていると言えます。ヒルトンはリセール物件を下取り対象としていませんので、ヒルトンの下取りによる物件アップグレードが出来ないということになります。

アウラニ リセール物件の制限事項

リセールでディズニーのアウラニ物件を購入した場合、東京ディズニーランドホテル、香港と上海のディズニーホテル、そしてクルーズに利用する事が出来ません。ハワイのアウラニ、ロサンゼルスやオーランドのディズニーワールド内のリゾートなど、2019年1月18日以前にオープンした14のアメリカのディズニーリゾートにて、リセール物件のポイントで宿泊可能です。

また、ディズニーのアウラ二のリセール物件を買った場合、オーナーにメンバーズ・カードが発行されません。アウラ二の所有者とはなりますが、ディズニーのメンバーズ・カードを所有しませんので、ショップ等で受けられる割引サービス(10%-15%)を受けることが出来ません。

最後に

タイムシェアのメリットとデメリットを十分に理解した上で、タイムシェアが家族のバケーションスタイルに合っているかよくご検討ください。また、タイムシェアの向き不向き、そしてリセール物件の制限事項を確認しましょう。タイムシェアやリセール物件に関してご質問ありましたら、お気軽にwaikiki@kujiraclub.com までお問い合わせください。

ハワイのタイムシェアならくじら倶楽部へ

くじら倶楽部は年間2000件以上タイムシェアを取り扱っているタイムシェア専門のハワイ州不動産会社です。タイムシェアに関してどこよりも詳しいエキスパートがご購入のお手伝いをいたします。ハワイのタイムシェアの知識が豊富なスタッフがあなたに合ったタイムシェアをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

ハワイのタイムシェア資料請求フォーム

資料請求フォーム

今後、くじら倶楽部からのお得な物件情報やハワイのお役立ち情報を受け取る
いつでもご登録を解除できます

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信