日本帰国後の隔離期間がワクチン接種証明提示で10日に短縮

日本帰国後の隔離期間がワクチン接種証明提示で10日に短縮

9月27日の日本の厚生労働省の発表によりますと、2021年10月1日以降に海外から日本へ帰国/入国する人の隔離期間を10日に短縮する方向で動いていると発表をしました。日本に帰国/入国をする際に、日本が承認するワクチンの接種証明を提示する人は隔離期間がこれまでの14日ではなく10日短縮することができます。

隔離期間短縮の条件は下記の通りです。
・日本に入国/帰国時にワクチン接種証明 原本のコピーを空港の検疫所職員に提出すること
・日本が承認するワクチンはファイザー、アストラゼネカ、モデルナの3種類(ジョンソン&ジョンソンは対象外)
・ワクチン接種証明書に日本語または英語で名前、生年月日、ワクチンの名前、接種日と回数の記載があること
・10日目以降に自費で受けたコロナの検査が陰性であることを届け出すること
・『待機終了のおしらせ』が送られてくれば隔離から解除される流れ

今回の隔離短縮はハワイのタイムシェアオーナーさんにとっても嬉しいニュースとなったのではないかと思います。まだまだ長い隔離ではありますが、日本帰国時の隔離が10日に緩和され、少しずつ前進している兆しが見えてきました。

合わせて読みたい

成田空港到着後、2週間の隔離生活 〜体験レポートその 3〜

 

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信