ヒルトン・ホクラニを徹底解析 魅力と豆知識

ヒルトン・ホクラニを徹底解析 魅力と豆知識

ヒルトンのホクラニは弊社のワイキキオフィスの隣にあるワイキキのど真ん中にあるタイムシェアです。オアフ島にあるヒルトンのタイムシェアの中で、唯一、ヒルトンハワイアンビレッジの外にあります。ワイキキの中心地という好立地なので、買い物やレストランに行くのに便利という点でとても人気です。

 

ホクラニの魅力 その1 ワイキキのど真ん中にある

2013年後半にオープンしたヒルトンのホクラニはヒルトンハワイアンビレッジの中ではなく、カラカウア大通りとルワーズ通りの角に位置しています。免税店、ロイヤルハワイアンショッピングセンターやワイキキビーチにも近いです。ワイキキでショッピングを楽しみたい方にも、最高なロケーションです。ルースズクリスやヤードハウスといったレストランやお店がたくさんあるワイキキ・ビーチ・ウォーク通りにあるので、ホクラニ近場での選択肢が豊富です。徒歩2分圏内にはABCマート、ロングズ(ドラッグストア)、スターバックスもあるので、ちょっとした買い出しはスーパーまで行かずに済ませることができます。

ヒルトンのホクラニのビル

ホクラニの魅力 その2 とにかくお洒落!

ホクラニは他のホノルルのヒルトンタイムシェアに比べると、とてもお洒落です。インテリアや作りが洗練されていて、モダンなデザインがお好きな方にはグッとくる内装です。たとえば、卵型のお風呂、天井から打たせ湯のようにお湯がでてくるシャワー(いわいる普通のシャワーもあります)。また、コンパクトなキッチンにはワインクーラーのような冷蔵庫があります。

ヒルトンのホクラニのリビングヒルトンのホクラニのお手洗いとお風呂ヒルトンのホクラニのキッチンヒルトンのホクラニのシャワー

 

ホクラニの魅力 その3 お洒落カバナが無料

ホクラニの最上階16階にはプール、ジャグジーとカバナがあります。無料のカバナがとてもおすすめです。通常のホテルですと利用料が$200-$400するカバナですが、ホクラニのカバナは無料で利用することができます。テレビと冷蔵庫もあり、ゆっくりとした時間を仕切られた空間で過ごすことができます。また、屋上は16階なので、長めもすごく良いです。尚、プールは「足湯みたい」というコメントを聞く事もありますが、身体がきちんと水につかります。サイズもゆったり広々しています。バーがあいているときはカクテルカバナで飲んでハワイを満喫することが出来ます♪

ホクラニの屋上のプール

 

ホクラニは7泊の権利以外も 3泊権利と4泊権利

通常タイムシェアは1週間を一口として一つのお部屋を52名のオーナー様で所有するのですが、ホクラニは7泊だけではなく、4泊、そして3泊の権利を所有することができます。「なかなか1週間まるまるお休みが取れない」という方にとっては便利です。この場合、管理費も7泊の権利のものとは異なります。ホームウィーク予約のチェックイン日も異なります。

ヒルトンのホクラニのリビング

独自のホームウィーク予約制度

ホクラニ以外のオアフ島のヒルトンのタイムシェアでは、ホームウィーク予約はチェックイン日から1年前から9か月前まで優先予約ができ、土曜日チェックイン、土曜日チェックアウトになります。

しかし、ホクラニをホームとしてお持ちのオーナー様がより予約が取りやすいように独自の制度があります。ホクラニのホームウィークで予約が取れる期間はチェックイン日の1年前から6カ月前までです。そのため、この間は他のリゾートのオーナー様は予約ができません。

さらにチェックイン日ですが、7泊、3泊のオーナー様は土曜日チェックインになりますが、4泊のオーナー様は火曜日チェックインになります。

ヒルトンのホクラニのロビー

 

ホクラニの管理費(2020年)

次に気になるのがホクラニの管理費です。先ほどご案内致しましたように管理費は、7泊、4泊、3泊でそれぞれ異なります。

2020年の管理費
・7泊の管理費:$1,577
・4泊の管理費:$1,035
・3泊の管理費:$854
(※ヒルトンの年間クラブ会費は除く)

1週間なかなかお休みが取れない方にとって、4泊、3泊の権利は非常に便利ではないかと思います。

 

まとめ

ホクラニの魅力とまめ知識、お分かりいただけましたでしょうか?ワイキキ中心地にあるホクラニはとても便利なロケーションです。内装も洗練されていて、モダンです。ホクラニは他のハワイのタイムシェアとは少し違った制度があるので、違いを理解した上でご購入いただければと思います。

くじら俱楽部ではホクラニのリセール(中古)物件を取り扱っております。リセール物件は下記リンクよりご確認くださいませ。

 

ホクラニのリセール物件をお探しの方はこちら