タイムシェアをリセール購入する2つの欠点: ヒルトン編

タイムシェアをリセール購入する2つの欠点: ヒルトン編

こちらの記事ではヒルトンのタイムシェアをリセール購入した場合、新規購入とどのように違うかお伝えします。

ワイキキの事務所にお越しいただく方々から一番良く頂く質問が、新規での購入とリセール物件を購入した場合の違いです。ヒルトンの場合、各リゾート会社の中でも一番良心的で、新規とリセールはさほど違いがなく、ほぼ同じように使うことが出来ます。こちらの記事では、新規購入とリセール購入の2点つの違いをご紹介いたします。

1) リセール購入しても、エリートメンバーになれない、昇格しない

ヒルトンのタイムシェアをリセールで購入した場合、仮に14,000ポイント以上持っていたとしても、ヒルトンのエリートメンバーになることができません。また、既存のヒルトンメンバーさんがリセールでタイムシェアを追加購入した場合でも、エリートのプラスやプレミアムの会員になることができません。

ヒルトンのエリートメンバーになった場合の最大のメリットはHオーナーズのゴールドステータスです。Hオーナーズのゴールド又はダイヤモンドのステータスを持っていますと、ヒルトンホテルに宿泊の際に、朝食が無料で付き、ラウンジが無料で利用できます。また、空室状況にもよりますが、お部屋のアップグレードしてもらえる場合があります。

もしもヒルトンホテルを利用して、ヒルトンのエリート会員の特権がなくても大丈夫という方、もしくはすでにエリート会員でそれ以上の昇格をあまり必要としない方にはリセールで十分といえます。尚、こちらのゴールドステータス、実は三井住友のビザカードでゴールドカードを取得すれば自動的にもらえるので、ヒルトンのタイムシェアに興味のある方はKujira Clubへご相談ください。
ヒルトンタイムシェアのラグーンタワーをリセールで販売

2) リセール購入すると、アップグレードが出来ない、ヒルトンが下取りをしてくれない

ヒルトンでは、アップグレード制度があります。これは今お持ちの物件を下取りに出して、大きな物件に買い替えをするという制度です。※マリオットやウィンダム、ディズニーには無い制度です。ちょうど車で言う買い替えと同じような制度です。リセール物件はすでに安く購入しているため、ヒルトンで下取りとして取っていただくことができません。その点が新規とリセールの違いの一つです。

2019年4月現在のリセール相場では、定価の約2分の1以下で買えますので、必要であればアップグレードの代わりに買い替えをすると良いでしょう。買い変えを検討されたい方は試算見積もりを無料でお作りしますので気軽にご連絡ください。waikiki@kujiraclub.comにメールいただければと思います。

将来違う物件に変えたくなった場合には、現在底値と言える市場ですので、将来的にほぼ同じ値段で売却できる可能性が強いと思っていただいて良いと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

こちらの記事ではリセールでヒルトンのタイムシェアを購入した場合、エリートメンバーになれない事とヒルトンが下取りをしてくれないという2点の欠点についてお伝えしました。

くじら倶楽部のようなタイムシェア専門の一般不動産からリセール市場のタイムシェアを購入すれば、数百万円単位の節約が可能です。ぜひ、その分飛行機代に回して頂ければと思います。イムシェアは、あくまでも権利ですので宿泊する部屋は全く同じです。また、よく質問されることではありますが、次の内容は新規もリセールでも同じです。

1)予約の取り方やルール
2)ポイントの合算利用
3)権利の保全、管理費の金額

リセール購入した場合の欠点を踏まえて、かしこくお得にタイムシェアを購入し、
ハワイに年に一度、住むバケーションライフを堪能してみませんか?

くじら倶楽部のタイムシェア専門家に相談する

ヒルトンのタイムシェア、リセールと新規の違い

 

 

 

 

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信