【2022年2月24日にヒルトンがポイントを1.6倍に調整をしました】
2022年2月24日以前に公開されたブログ記事は原則、旧ポイントでの表記となっておりますこと、ご了承のほどお願い申し上げます。

ポイント調整について

Zip Airの体験レポート 〜キャンセル不可、機内食も購入が必要?注意点をご紹介〜

Zip Airの体験レポート 〜キャンセル不可、機内食も購入が必要?注意点をご紹介〜

最近ハワイ旅行でZip Airを活用されている方が増えてきたように思いますが、まだまだ利用されていない方も多いかと思いまして、実体験からZip Airのメリット、デメリットを整理してご案内したいと思います。

Zip Airとは?

Zip Airは2021年7月から再運行したJALが100%出資している子会社です。日本の国際線専門の格安航空会社(LCC)です。日本にはピーチ、バニラ、ソラシドなどのLCCもあります。

LCCはJALやANAなどと比較して安価です。LCCはなぜ安いかと言うとネット予約が中心で、機内でのサービスが有料となっています。スーツケースやアメニティなども有料です。

Zip Airの路線

東京(成田空港) ⇄ タイ・バンコク(スワンナプーム空港)
東京(成田空港)⇄韓国・ソウル(仁川空港)
東京(成田空港)⇄アメリカ・ホノルル(ダニエル・K・イノウエ国際空港)

成田空港⇄ホノルル空港の運行スケジュール(2022年5月時点の情報)

なお、成田空港⇄ホノルル空港間は現在毎日運航しています(2022年5月時点の情報)。

成田空港⇄ホノルル空港間の運航スケジュール(2022年7月16日~8月31日)

便名 出発 到着 運航曜日
ZG2便 成田発 19:15 ホノルル着 7:55 毎日
ZG1便 ホノルル発 9:55 成田着 13:15(翌日) 毎日

※ZG2便:木曜と土曜のみ 成田空港19:30発、ホノルル空港8:10着
※ZG1便:月曜のみ ホノルル空港10:10発、成田空港13:30着

Zip Airの特徴

Zip AirはLCCなのであらゆるところでサービスの簡略化がされています。また、Zip Airは乗り継ぎサービスがないので、乗り継ぎがある場合はZip Airで到着した空港で入国をし、スーツケースをピックアップした後、またチェックイン手続きを行います。

Zip Airの特徴
乗り継ぎサービス 無し
・座席の種類はスタンダードとフラットタイプの2種類
・マイレージ  無し
・ラウンジ  無し
・アライアンス  無し
・座席指定 有料
・アメニティ 有料
・飲食 有料
・テレビ 無し

Zip Air利用時の注意点

・航空券の払い戻しが一切できないこと
・航空券のキャンセルもできません。
・原則として飲料、食べ物は機内に持ち込めません(幼児やお子様の食事などは除外されているようです)
・機内販売ではクレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス)のみご利用いただけます。
・預けるスーツケースやその他の荷物は1個目から有料です(小さなスーツケース1回4,500円〜)
・規定を満たす手荷物は合計2個まで無料で機内に持ち込めます。
【機内に持ち込む手荷物の規定】
1個目:40×25×55㎝
2個目:35×25×45㎝
規定重量:2個の重量の合計が7kg以内

Zip Airの料金体系

ZipAirの運賃やその時々変動があるので、ご案内が難しいですが、私が2022年5月に予約した6月のフライトの運賃をシェアしたいと思います。ホノルル⇄成田空港を3人分を購入した際の運賃は合計247,392円でした。一人当たり82,464円の計算になります。バリューパック(座席指定・機内食・スーツケース23kg)を3つ購入した値段も含まれています。6月1日から燃料サーチャージが値上がりしましたので、現在はもう少し運賃が高いかと思います。

Zip Airの運賃について
・運賃額に機内食やアメニティも含まれないでの、別途注文が必要です。
・座席指定には、追加の料金が別途必要です。窓際や通路側が良い方、家族や友達と横並びで座りたいは座席指定をしておいた方が良いです。混み合っていると、全員ばらばらなんてこともあるかもしれません。
・運賃額には、機内に持ち込む手荷物7kg分が含まれていますが、預ける荷物(スーツケース)の代金は含まれていません。
【成田⇄ホノルル間のスーツケース預け料】
14kgまでのスーツケース:1回4,500円(41ドル)
23㎏までのスーツケース:1回5,500円(50ドル)
32㎏までのスーツケース:1回6,500円(59ドル)
★アメニティ、機内食、そしてスーツケースの預け料がセットになっているお得なパッケージもあります。

スーツケースを預けるサービスは予約時に購入すると◎

スーツケースを預ける場合は航空券を予約する時にオンラインで購入するのが一番おすすめです。なぜなら航空券を予約した後に、コールセンターへ電話してスーツケース預けサービスを購入したり、空港カウンターで購入すると、事務手数料が追加されますので、コストがかさみます。オンラインで後から購入することも可能です(こちらの場合はお値段は同じのようです)。

お得なパッケージはいくつかあるのですが、こちらの2つがおすすめです。なお、プレミア・パックのアメニティにはブランケット、枕、スリッパ、耳栓、まくらが含まれます。バリューパックにはアメニティが含まれていません。

 

食事やアメニティも予約時に購入しておきましょう

機内食の在庫は限りがあるそうなので航空券を購入する際に合わせて機内食を購入するのがオススメです。事前に購入していない場合は機内でクレジットカードで食事を購入することになるのですが、好きな食事の在庫があるかどうかはその時に確認をする形になり、「売り切れ」といったこともよくあるそうです。こうしたことから、航空券の予約時に機内食を購入することをおすすめします。

機内食、ハヤシライス

なお、機内食ではなく、カップ麺やおつまみなどのメニューもあります。Zip Airの専用ページから購入また、人によってはZipAirの機内食の量が少なく感じる方もいらっしゃるかもしれません。一般の飛行機の食事サービスはフルーツやパンがついていますが、ZipAirの機内食は1品のアラカルトです。その点を念頭に準備が必要です。

ブランケットの無料支給がないので暖かい格好でいくかブランケットを持参しましょう

ブランケット入りのアメニティを購入すればブランケットがもらえます(事前に購入も可能)。購入されない場合は薄手のブランケットを持参するか、暖かい格好で飛行機に乗るようにしましょう。

テレビがないのでスマホやタブレットに映画を入れておくのがおすすめです

ZIP AIRには他の航空会社のようにテレビがありません。そのため、ご自身のスマホやタブレットに好きな映画や番組をダウンロードすることをおすすめいたします。ZIP AIRではインターネットが無料で利用できますが、動画の再生はインターネットのスピードが遅いので難しいです(メール送受信程度とお考えいただくと良いかと思います)。インターネットに頼らないエンターテインメントをご用意ください。

なお、各座席にはコンセントとUSBの挿し口が用意されていますので充電ケーブルを持参すると便利です。

無料のWIFIは弱いのでご注意ください

ZipAirは機内で無料でWIFIを飛ばしていますが、非常に弱いため、テキスト文書を利用したメールの送受信程度にお考えていただくのが良いかと思います。時によってはインスタやフェースブックのロードが難しい場合もあります。YouTubeなどの動画再生も厳しいスピードです。

日本への帰国便はできるだけ席を前にすると検疫手続きが早く済みます

アメリカへの入国手続きは簡素化されており、陰性証明書も無くなったので(2022年6月現在)、ほぼコロナ前のようにスムーズに入国できますが、日本における検疫手続きはまだありますので、できるだけ機体前方の席をおさえるようにしておくと出国手続きが早く完了します。前方と後方の席とでは手続きにかかる時間がかなり違うと思われますので、その点も航空券予約時の座席指定の際に検討されると良いかと思います。

なお、日本における水際対策はだいぶ緩和されているので、日本の空港到着後は約1時間ほどで空港を出ることができると思われます(ファーストトラック/SOSアプリ利用時)。個人的な体験談となりますが、2022年6月8日の午前9:55の便で到着した際には到着から空港を出るまで約40分でした。

下の写真はSOSアプリ確認デスクのエリアに入る前の待合エリアです。一人一人椅子に座って、ソーシャルディスタンスを取る形です。確認デスクのエリアがすいてくると、前の方へと進んでいきます。

アメックスでZip Airの航空券を購入するとキャッシュバックがあります

7月31日(日)までの期間限定ですが、ZIPAIRのHPにてアメックスカードを利用して20,000円以上決済する度に、キャッシュバックで5,000円を受け取ることができます。8万円を決済した場合には2万円のキャッシュバックがあるという計算になります。事前登録先着50,000名まで。オンラインショップの購入が除外されます。カード1枚につきキャッシュバックの総額は期間中合計20,000円までとのことです。

事前登録必須が必要ですので、ご注意ください。また、一部除外されているアメックスカードもあります。

キャンペーン実施期間:2022年6月1日(水) ~ 7月31日(日)
詳細と事前申し込み:詳しくはZipAirのホームページをご確認ください。

最後に

ZIP AIRの最大のメリットは航空券が安いことです。また、ZIPAIRにはエコノミーだけでなくビジネスクラスもあります。大手航空会社と比べると格安のお値段です。その反面、こちらの記事でお伝えしました通り、ZIP AIRには色々な制約がありますので注意が必要です。実際に利用してみた体験談が皆さまのお役に立てばと思います。

ハワイのタイムシェアに特化したメルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信
ハワイのタイムシェア購入に関してZoomでお打ち合わせ