知らないと損!ヒルトンの魅力

知らないと損!ヒルトンの魅力

こちらの記事ではウィンダムのオーナー様向けに、ヒルトンの魅力についてお伝えしたいと思います。まずはヒルトンの魅力とデメリットに触れて、後半ではコロナ渦におけるウィンダムの営業状況とポイントの繰り越しに関する情報についてまとめました。

ヒルトンはとにかくハワイ好きに人気です

ヒルトンの日本人タイムシェアオーナーは、何と約8万人!広いお部屋でゆっくりくつろげるタイムシェアはハワイリピーターなら憧れる、1週間の別荘ライフ。何度も来てるからこそ、暮らすように旅したい。コンドミニアムを別荘として購入する程、ハワイに来ないけれど、ロングステイにはホテルサービスも受けられるタイムシェアの方が経済的。まして、日本人オーナーの多いヒルトンは日本語サービスが充実していて使いやすいと好評です。

ヒルトンのすごいところはここ!

日本をはじめ、世界中にリゾートに使えるヒルトンは世界にネットワークがあるので、使用方法は様々です。ディズニー同様、タイムシェアとホテルがあります。ヒルトンはリセールの制限が緩いのでタイムシェアポイントをヒルトンのホテルポイントにも移行できます。ヒルトンのタイムシェアはハワイ・オアフ島だけで5か所、ハワイ島4か所、現在マウイ島に1か所建設中です。カリフォルニアのディズニーランドやフロリダのディズニーワールド近くにもヒルトンタイムシェアはありますので、ポイントで宿泊可能です。

日本にも小田原と沖縄(2021年下期オープン予定)にタイムシェアがあり、ポイントで宿泊可能です。日本国内の提携リゾートはヒルトンブランドホテルや東急リゾート含め、日本国内に北海道から沖縄まで50か所ある。ヒルトンのタイムシェアポイントは使用しなかった際にJALのマイルへ交換可能です。また、ディズニー同様、交換会社RCIの利用ができます。

ヒルトンのデメリット

ハワイは日本人オーナーが多いので、ワイキキのヒルトンでは外国にきた感が少ないです使用しなかったポイントの繰越をする際、手数料がかかります。お部屋をオーナー以外の方が使用する場合、ゲスト登録に費用が発生します。完全ポイント制ではなく、基本1週間単位で購入する為、沢山の物件タイプから、ご自身のライフスタイルに合ったものを探す必要がある。管理費は自動引き落としではないので、請求書がきたらオンラインか電話で支払が必要。

ヒルトンの直販とリセールの違いはたった2点

①14,400ポイント以上所有してもエリート会員になれない事。
※14,400ポイントを所有するには、建物により若干異なりますが、2BR(OV)以上の物件を購入する又は複数件所有する事をしなければ対象になりません。

②リセール物件はヒルトンが下取りによるアップグレードが出来ません。
ヒルトンは、所有の部屋を高いポイントの部屋に買替えしたいと希望した時、ヒルトン直販の物は下取りをし、差額でアップグレード購入できます。リセールで購入した部屋はもともとの価格が安い為、下取りをしてくれません。その場合は、リセール市場で買替をする、またはポイントを買増しする事となります。

ウィンダムの営業状況

ウィンダムワイキキビーチウォーク及びロイヤルガーデンも営業を再開しております。

ウィンダムの今年のポイント

 

タイムシェアリセール物件、ヒルトンとウィンダムを比較

自動的にポイントはデポジット(繰越)されません。お客様ご自身でお手続きが必要です。 今年の未使用ポイントに関しましてはポイント発生月により扱いが異なりますので、詳しくは日本語オーナーサービスへお問合せ下さい。 ポイントは管理費に充当させる事も可能です。こちらもポイント発生月により対応が異なりますので、オーナーサービスへお問合せ下さい。

ウィンダムポイントのデポジット(繰越)方法

オンラインの場合

ウィンダムのオーナーサイトを開いた後 「Deposit & RCI」→「Club Wyndham point deposit 」からポイント繰り越しのお手続きができます。

電話の場合

ウィンダム日本語オーナーサービス
電話: 03-3298-5849 (日本国内)
Club Wyndham 日本語オーナーサービスの営業時間:
日本時間 月曜日~金曜日 (祝日を除く) 午前9:00~午後6:00
日本時間 土曜日 午前9:00~午後1:00
Email: JapaneseService@wyn.com
(空室・予約の問い合わせはお電話をお願いします)

リセール市場の動向

現在はコロナの影響でハワイの観光マーケットが思わしくないため、タイムシェアのリセール市場も低迷しています。リセールの売買価格が下がっていますので買い手市場となっている状況です。また、リゾート会社は「第一先取特権」を行使していない現状です。コロナ禍の現在、価格に関係なく安くても購入できるようになっているという事です。尚、リゾート会社が第一先取特権をいつ行使し始めるかは我々にも想像がつきませんので、ご購入をご検討の場合には今がチャンスと言えます。一部のリゾート会社では第一買い取り特権を行使しております。(2020年11月19日現在)