11月8日からアメリカへの入国にワクチン証明と陰性証明が義務に

11月8日からアメリカへの入国にワクチン証明と陰性証明が義務に

2021年11月8日から外国からアメリカに入国する外国人渡航者はワクチン接種と陰性証明が義務となります。入国時に新型コロナのワクチン接種完了している証明書と渡航72時間以内の新型コロナの事前検査の陰性証明を提示するようになります。アメリカ政府は、国ごとに入国禁止の措置していましたが、国ごとの禁止を撤廃する代わりに、一律に外国人渡航者に対してワクチン接種完了を義務づける方針を取りました。

現在、日本からの渡航者は事前検査による陰性証明の提示のみで渡航ができましたが、11月8日からは追加でワクチン接種証明の提示が必要となるため、日本の渡航者にとっては渡航規制強化となる形となりました。 詳細については今後発表があるそうです。

合わせて読みたい

アメリカ入国ルールの詳細を発表(11/8から)

ハワイ州 11月1日から再びハワイへの渡航者を歓迎

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信