ハワイのコロナウィルス 最新情報 (2020年6月12日)

6月12日時点の感染者数

ハワイ全体の感染者数は682人

オアフ島:448人

マウイ島:120人

ハワイ島:81人

カウアイ島:21人

死亡者数:17人

新たな感染者数が1桁の日が51日間続いています。

ハワイ内の営業再開

先週のフェイスブックライブでもお伝えしましたが、先週から、オアフ島ではレストランでの店内飲食サービスの提供が再開されました。

これに続き、来週の金曜日(6月19日)から、オアフ島内のバー、スポーツジムやヨガスタジオなどの室内型フィットネス施設、また映画館などの室内型娯楽施設の営業再開の許可がおりました。いずれもソーシャルディスタンスを守るという条件付きの許可となります。

また、室内で最大50人まで、屋外で最大100人までの集会やイベントの開催を許可した。この人数制限の中でスポーツイベントなども可能になります。

ハワイ州外からの渡航者に対する自主隔離の延長

徐々にハワイ内での経済活動の再開が行われていますが、ハワイ州外からの渡航者に対する14日の自主隔離義務に関しては7月31日まで延長となりました。

ハワイ州知事が6月10日に行った会見で発表しました。

ハワイへの渡航者が多い、カリフォルニア州、ワシントン州、オレゴン州、ネバダ州、アリゾナ州で新型コロナウィルスに感染した人が急増していることが主な理由です。

一方、新型コロナウィルスの感染を低く食い止められている日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとの間には隔離無しで行き来できるような道を探っているとも会見で発言しています。

JALとANA 7月の日本ハワイ便の全便運休

JALとANAは、それぞれ7月に日本ハワイ間を全便休航することを発表しています。

JTB、HISの旅行代理店にかんしてもハワイ向けのパッケージツアー販売を7月31日まで停止しています。