2018年度タイムシェア業界レポート(前編)

2018年度タイムシェア業界レポート(前編)

『アメリカのバケーション・タイムシェアの状況調査』2018年度版が発表されました。

この統計は、ロンドンを拠点とする会計・総合コンサルティング会社、アーンスト・アンド・ヤング (EY) がARDA国際財団(AIF) のために毎年調査をしているものです。アメリカ全土にある 1,580 のタイムシェアの 53%にあたる、834 のタイムシェア・リゾート が調査に協力しました。

2018年 タイムシェア業界 好調
販売額7%増加

2018年のタイムシェア業界は、おしなべて好調でした。販売総額は 7%近く増加し、賃貸収入は 4%増加しました。今後の建設の見通しも引き続き堅調です。

表1:全米のタイムシェア
タイムシェア・リゾートの数 1,580
タイムシェア・ユニット数 204,100
リゾートの平均規模 129 ユニット

表 1 は、タイムシェア業界の規模を表すものです。全米でタイムシェアとして登録されている全 1,580のリゾートに2018年末の時点で 204,100ユニットが確認されました。一つのリゾートにおける平均ユニット数が 129ユニットとなる計算です。

表2:2014年から2018年の動向 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
販売総額(億㌦) 79 86 92 96 102
販売価格(ドル)  $20,020 $22,238 $20,937 $22,180 $21,455
稼働率(%) 78.3 79.9 78.9 81.4 80.8
賃貸収入(億㌦) 19 18 19 23 24

表 2 は、2014 年から 2018 年までのタイムシェア業界の主な動向を表にしました。

総売り上げは 9年間連続で毎年上昇しています。前年度は 2017年の96億ドル(分かりやすく1ドル100円計算で9600億円)から 7%近く増加して 102億(1兆200億円)ドルでした。過去五年間で売上高は 26%も上昇しました。毎年平均 6%以上増加していることになります。

 

2018年 タイムシェアの稼働率 80% ホテルの稼働率は66%


一週間単位の平均販売価格は $21,455でした。2014年から毎年 1%の増加がみられます。補足ですが、ハワイは、高級リゾート地として、全米の中でも一口当たりの単価が最も高いエリアとなります。タイムシェアの稼働率は平均 80.8%と良好でした。2014年から 2ポイント上昇しています。スミス・トラベル・リサーチによると同期間のホテルの稼働率は 66.2%でした。
賃貸収入は24億ドルで、2014年以降毎年5%以上増加しています。

2018年のタイムシェア販売業績とそれに関連するタイムシェアの規模、種類、ロケーションについて、そして、2018年度と今後のタイムシェア新設の展望を次回、後編でご案内します。

タイムシェア購入希望者の方は必ずご一読ください

タイムシェアの購入には数百万円のお金を使うわけですから、誰でも後悔はしたくないもの。

実は、購入前に必ず検証すべき「後悔しないための5項目」があります。

「後悔しないための5項目」を読む