ブラックストーンのタートルベイ・リゾート再開発

ブラックストーンのタートルベイ・リゾート再開発

オアフ島の北部にあるリゾート地、ノースショアの『タートルベイ・リゾート』再開発の計画が発表されました。数億ドルかけて、625部屋の客室と 100戸の住宅を追加し、従業員数も現在の 650人から 1100人に増やす計画です。

2012年に設立されて以来、地域社会に 51万2千ドルを還元してきた タートルベイ基金を通して、地域への投資を強化することも目的に掲げています。

タートルベイ・リゾートは 昨年 ブラックストーン・グループが 3億3千万ドルで買収し、ベンチマーク・リゾート&ホテルによって運営されています。ブラックストーン・グループは今年 リッツ・カールトン・カパルアとグランドワイレアも購入しています。

1986年には当時の所有者が 5棟の新しいホテルを含む 3500ユニットの追加を計画していましたが、地域の反対にあい、この開発は頓挫しました。今回の拡張は 2015年に認可された、これより小規模な計画です。ハワイ州土地・天然資源局が、タートルベイ・リゾートの開発権の一部を 4500万ドルで購入することで成立しました。

これによって、タートルベイ・リゾートが所有する 4マイルの海岸や 8マイルのハイキングコースを含む、カウェラベイからカフクポイントまでの 665エーカーの空地が保護区となりました。これはタートルベイ・リゾートの土地の 79%にあたります。

一方、タートルベイは、既存のホテルを間にした 150エーカーの海岸の確保と、625ユニットからなる 2棟の新しいホテルと 100戸の住宅の建設を許可されました。

年末には再開発計画第一期の具体的なプランが完成し、来年 5月に 5200万ドルかけた工事が始まる予定です。
この工事にはホテルの外装と敷地内の造園、ゴルフコースが含まれます。
具体的なスケジュールは未定ですが、完成までには、コンドホテルや住宅の建設など、全三期にわたる開発が計画されています。ホテルタワーや豪華キャンプ場などの追加も検討されているようですが、タイムシェア物件の開発は含まれていないようです。

 

Takashi Nakayama

くじら倶楽部 代表 中山孝志。千葉県柏市出身、ハワイ在住歴22年。大学在学中にオーストラリアへ1年留学、大学卒業後、日本リロケーションの駐在員として渡米。ニューヨークにて3年間在住した後、ハワイの現地不動産子会社の責任者として4年勤務。2000年より、ヒルトン グランド バケーションズ クラブのハワイ立ち上げスタッフとして入社後、国際販売部の責任者として約10年勤務。タイムシェア開発・販売のコンサルティングに長年携わってきた、ハワイのタイムシェア業界のエキスパート。→プロフィールの詳細

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信