ヒルトンがワイキキ中心地で新しいタイムシェア建設を発表

ヒルトンがワイキキ中心地で新しいタイムシェア建設を発表

ヒルトン がワイキキの一等地に新たなタイムシェアを建設することを発表しました。ヒルトンハワイアンビレッジ横のアラモアナ通り沿いに、神戸ステーキハウスが建っている土地を購入したというニュースが以前に出ましたが、その前にこちらのキングスビレッジでの開発が先に発表されました。現在2018年10月ですが、今後もヒルトンは同様のプロジェクトを仕掛けて行くものと予想されます。

今回のプロジェクトは、ワイキキのハイアットホテルの山手側で、キングズビレッジ・ショッピングセンター等のある 4250㎡ の土地を、ブラックサンド・キャピタル、マクノートン・グループ、コバヤシ・グループ等の合同開発業者から HGVが購入しました。価格は明かされていません。
建設が来春に開始される予定の新しいタイムシェアは 32階建て 191ユニットで、2022年初旬に完成する計画です。2020年中旬には販売が開始される予定です。

スタジオ・アパートまたは 1~3ベッドルーム・スイーツを選択でき、オーシャンビューの部屋が多めになる設計です。フィットネス・センター、プール、ビジネス・センター、ラウンジが完備されます。

2000年に完成したラグーン・タワーに始まり、2017年 3月にオープンしたグランド・アイランダーに次いで、HGVにとってホノルルで 6つ目のタイムシェア・リゾートになります。これを加えると HGVがオアフ島に所有するタイムシェアは 1,429ユニットになります。

現在 オアフ島での HGVのタイムシェアの稼働率は 90%です。アメリカ国内、そして日本の会員がオアフの物件にことさら強い関心を寄せています。日本の会員数は今年で 6万組を超えましたが、今後も伸び続けることが予想されます。

タイムシェア購入希望者の方は必ずご一読ください

タイムシェアの購入には数百万円のお金を使うわけですから、誰でも後悔はしたくないもの。

実は、購入前に必ず検証すべき「後悔しないための5項目」があります。

「後悔しないための5項目」を読む