上半期好調のホテル業界:前年比6%の値上がり、平均$280です

上半期好調のホテル業界:前年比6%の値上がり、平均$280です

ホテル業界が好調であるというニュースです。上半期のハワイのホテル業績は、RevPAR(客室総売上高を販売可能客室の総数で割った数値)と平均客室単価(ADR)が全米一位でした。

ハワイ州観光局(HTA)が先月発表したホテル業績報告書によると、ハワイのホテルの平均客室単価は 2017年の同期間より 6%高い 280ドルになり、RevPARは 前年同期比 8%増の 1泊229ドルでした。HTAの報告書はアメリカのテネシー州を拠点とし、世界の接客産業のリサーチを行っているSTR社のデータに基づいて作成されています。

同報告書によると、ハワイは客室稼働率でも全国 2位にランクインしました。トップのニューヨークに僅差で、フロリダのオーランドと同位の 81.7%でした。

HTAの観光調査ディレクターのジェニファー・チャン氏によると、全米のホテルの多くが 2018年上半期にRevPARを伸ばしており、業績を落とした地域は前年に比べるとほぼ皆無だったようです。全てのハワイの島で、全てのランクのホテルがRevPARを伸ばしましたが、マウイ島の業績は特に好調で、中でもワイレアは飛びぬけていたと言います。ハワイ島は、5カ月間の好調な出だしが、キラウェア火山の噴火による 6月の低下で相殺されてしまいました。

チャン氏によると、6月のハワイのホテルのRevPARと客室単価は共に 5%増加して、それぞれ、227ドル(RevPAR)と277ドル(客室単価)でした。客室稼働率は 0.6%の減少で 82パーセントとなりました。カウアイ島とオアフ島ではすべての項目で業績が伸びましたが、マウイ島の 6月の稼働率は横這いで、RevParと客室単価は伸ばしました。

ハワイ島のRevPARは 6月に 8%降下し 163.9ドル、客室単価は横這いで 239ドル、稼働率は 6%減の 68.6パーセントでした。中でも高級リゾート地のコハラ・コーストでは客室単価は 1%増の 335ドルでしたが、RevPARが 13%以上落ち込み 214ドル、稼働率は 11%減少して 63.9%となりました。

ハワイの不動産とホテルレートがどこまで上がり続けるか、お客様との間でもよく話題に出るトピックです。引き続き関連情報が出ましたらご案内させていただきます。

 

Takashi Nakayama

くじら倶楽部 代表 中山孝志。千葉県柏市出身、ハワイ在住歴22年。大学在学中にオーストラリアへ1年留学、大学卒業後、日本リロケーションの駐在員として渡米。ニューヨークにて3年間在住した後、ハワイの現地不動産子会社の責任者として4年勤務。2000年より、ヒルトン グランド バケーションズ クラブのハワイ立ち上げスタッフとして入社後、国際販売部の責任者として約10年勤務。タイムシェア開発・販売のコンサルティングに長年携わってきた、ハワイのタイムシェア業界のエキスパート。→プロフィールの詳細

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信