オアフ ビジネス入店時にワクチン接種カードか陰性証明の提示義務へ

オアフ ビジネス入店時にワクチン接種カードか陰性証明の提示義務へ

ホノルル市長は、先週の会見で9月13日からオアフ島で「セーフ・アクセス・オアフ」プログラムを実施すると発表しました。9月13日から60日間、レストランなど屋内型のビジネスや施設に入店する際に、ワクチン接種カードもしくは48時間以内に取得した陰性証明の提示を義務付けるものです。感染拡大を抑えるための対策だとしています。

「セーフ・アクセス・オアフ」の対象となるビジネス

・レストラン
・フードコート
・バー
・スポーツジム(屋内)
・美術館
・博物館
・映画館
・公共または私設のプール
・動物園や水族館
・ボーリング場
など

屋内と屋外があるビジネスの場合には屋内部分のみがこのプログラムの対象となるそうです。

「セーフ・アクセス・オアフ」の対象外

・小売店(店内飲食を伴わないお店)
・スーパー
・ファーマーズマーケット
・店内での滞在時間が15分未満のテイクアウト、トイレ使用など
・ワクチン接種ができない12歳未満

お店や施設での摂取カード&陰性証明の提示について

入店時にワクチンカードの提示

 

ワクチンカードの提示は、以下のいずれかが認められます。
・ハワイ州が認めるワクチン接種カードの原本
・ハワイ州が認めるワクチン接種カードの携帯写真や電子コピー
・セーフトラベルオアフにアップロードされた、ハワイ州が認めるワクチン接種のデジタル証明
・48時間以内に取得した新型コロナの陰性証明(✳︎)
(✳︎)アメリカ食品医薬品局が承認している molecular(分子)/ antigen(抗原)検査

上記に加え、身分証明証が必要です(例:アメリカの免許証、ハワイ州の身分証明証、パスポートなど)

ワクチンのタイミングに関する条件

・2回の接種が必要なワクチンの場合、2回目の接種から2週間が経っていること
・1回で済むワクチンの場合には、1回目の接種から2週間が経っていること

日本政府発行のワクチン接種カードは有効か?

2021年9月2日現在、日本を含む外国で発行されたワクチン接種カードの受付に関しては、決定がされていないとのことでした。情報が入り次第、お知らせしたいと思います。

その他の対策

ホノルル市長は9月13日から60日間、レストランやバーにおけるアルコールの提供時間を夜10時までとしています。

最後に

他国でもワクチン接種カード又は陰性証明の提示が義務付けられている国がありますが、60日間のみですが、いよいよオアフでも導入となりました。ホノルル市長は、今回の対策が成功しなかった場合には、ワクチンの義務化を検討するとしています。日本など、外国発行のワクチン接種カードに関する情報が入り次第、弊社ブログ記事にてお知らせしたいと思います。

合わせて読みたい

ハワイのレストラン等で日本のワクチン接種カードは有効か?

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信