マーシャとのぞみの部屋vol.1 ホクラニの話

マーシャとのぞみの部屋vol.1 ホクラニの話

新企画!くじら俱楽部のマーケティング部リゼ・マーシャと販売部池谷のぞみがお届けする、ゆる〜いけど、現実味のあるチャット「マーシャとのぞみの部屋vol.1」です。

★E komo mai★
Please remove your slippers before entering!

★皆さんウェルカムです★
サンダルは脱いで、お部屋へお入りください。笑

マーシャ: ワイキキは人が増えたね〜。

のぞみ: 事前プログラムが始まる前は、本当にガラガラだったよね。

マーシャ: そうそう。寂しかったよね。そういえば、のぞみさん、視察でホクラニに泊まってたよね。どうだった?

のぞみ: そうなの。やっぱり、beforeコロナに比べたら変わってた。

マーシャ: どういうところが、変わってた?

のぞみ: あらゆるところに消毒液が置いてあったのが印象的だったかな。ボタンを押すところには必ず消毒できるようになってる。あと、チェックインのときに書類に少し記入したんだけど、新しいペンを渡されて、持って帰っていいですよと言われたの。もらっていいんだ〜、とびっくりした。

マーシャ: そうなんだ!レストランでもメニューが使い捨てだったりして、afterコロナは色々変わったね。

のぞみ: 本当、変わったよね。ホクラニのフロントにはアクリル版もあったし、スタッフの皆さんももちろん全員マスク。

マーシャ: そういえば、日本人のスタッフさんはいた?

のぞみ: 私が泊まったときはいなかったよ。あ、そうそう。あと、チェックインするときは、今まではホテルのチェックインっていうとデポジットのクレジットカードのホールド(?)はカードをフロントの方に渡していたと思うんだけど、今は、決済マシーンが置いてあって、自分でカード決済してね、という流れだったよ。

マーシャ: スーパーのようなスタイルなんだね。それも接触を少なくするための工夫ということなんだね。ホクラニには宿泊してる人は結構いたの?

のぞみ: 私がいったときは事前検査プログラムが始まる前だから、ローカルの人が結構宿泊してたよ。

マーシャ: ローカルも行くところがなくて、ステーケーションで滞在してたんだね。プールは開いてた?

のぞみ: プールやジャグジーは普段通り開いてたよ。泊まっている人はいつもよりも少なかったから、椅子も問題なく座れたけど、他の利用者の近くにならないように、離れて座る配慮が必要だったかな。

マーシャ: プールとシャグジーがオープンしてて良かった!ハワイ島の一部のホテルでは、ホテルはオープンしてるけど、プールには入れないところもあるとか。

のぞみ: あと、バーは閉まっていて、カバナも工事中だったの(泣)。あとはプールサイドの椅子は少なくなっていて、きちんと6フィート(2メートル)離して、置かれてたよ。ローカルの人たちは家族で来てたから、家族同士は近くに座れるように、椅子を動かしてたよ。

マーシャ: カバナが使えなかったのは残念だったね。

のぞみ: ホクラニのカバナはお洒落だし、アウトドアのリビングみたいで、居心地いいから、開いていなかったのは残念だった。ホテルと違って、無料というのも大きい。

マーシャ: 実は、ちょうど昨日、ホクラニに電話してカバナとバーのことを確認したの。カバナは通常通り使えるけれど、バーはまだ閉まっているみたい。

のぞみ: あと、そうそう。チェックアウトするときはキーを部屋に置いておいてくれれば、いいよと言われた。でも「出発する前にお部屋出たよ」と電話を一本フロントにいれてくださいと言われて、その通りにした。

マーシャ: そうなんだね。以前もその方式でチェックアウトするのはOKだったけど、あえてリゾート側が宿泊者にお願いしているということかな。

のぞみ: 接触を少なくしてるんだね〜。

マーシャ: あと、あのレストラン。えーっと名前が出てこない。ホクラニのチェックインフロアにレストランがあったと思うんだど。。。

のぞみ: イル・タッポ(Il Tappo)!

マーシャ: そうそう!

のぞみ: 私が泊まったときは、レストランは開いてなかったけど、今は営業してるみたい。

マーシャ: 宿泊者も増えて、営業しているんだね。あと、ホクラニのお部屋自体は何かコロナ後、変化あった?

のぞみ: あった、あった。お部屋に入るドアのところに、「お部屋は消毒済みです」というシールが貼ってて、安心感あり。それと、びっくりしたのは、キッチンに備え付けている、食器類が全て、食洗機に入ってて、洗い立ての状態になってたこと。全部綺麗ですよというアピールみたい。

マーシャ: 全て洗ってある!想像を超えたコロナ後の変化だね。お部屋の中は、いつもより綺麗な感じがした?

のぞみ: いつもと変わらないかな。通常も綺麗だからね。あ、そうそう。携帯用の小分けの消毒液(パウチ)がアメニティとして3−4個お部屋に置いてあった。お出かけの際にご利用ください、ということみたい。

あと、コンシェルジュ近くにあったDVDマシーンがなくなってて、お部屋で見れるとフロントの人は言ってた。パスワードを入れなくてはいけなくて、よく分からなくて、使わなかったんだ。

マーシャ: (突然、ホクラニに電話)

のぞみ: ・・・・

マーシャ:私も今度、ステーケーションで泊まるから、電話で色々聞いてみたよ。新しいプログラムをテレビに導入したんだって。宿泊している人が、自分のNetflixやHuluのアカウントでログインして、映画を見る形みたい。アメリカは契約してる人多いから、そうしたんだろうね。DVDの消毒もいらない。

のぞみ: 日本のアカウントも使えるのかな?

マーシャ: それね、ホクラニのフロントの方に聞いてみたんだけど、分からないと言われた。最近日本からの宿泊者が少ないから、まだ分からないのかもね。(*事情に詳しいお客様からご教示いただきました。日本のHuluはアメリカで使えず、日本で契約したNetflixはアメリカで見る事ができますが、アメリカコンテンツになるそうです)。ついでにバレーパーキングのことも聞いてみたら、ホクラニに行く為に上がっていくエレベーターの前にあったデスク(バレーのためのデスク)をなくしたみたいで、自力でカラカウア通りの駐車場入り口(First Hawaiian Bankのところ)から入ってくみたい。地下に入っていくと、バレースタッフがいて、駐車してくれるみたい。 *バレーとは、鍵を渡したら車を駐車してくれるサービスです。

のぞみ: 自分で車を停めてもいいのかな?

マーシャ: 基本的にはバレーが停めてくれるけど、自分で停めてもいいみたい。ただ、かなり狭いから気をつけてくださいね〜、と言われた。笑 あと、そうそう。駐車料金は以前は一日$40だったけど、今はバレーが簡易的だからか、一日$30に値下げしたらしい。

のぞみ: 駐車料金が安くなることもあるんだね。

マーシャ: あと、コロナ後のヒルトンタイムシェアの清掃はどういう状況なんだろう?

のぞみ: 私は3泊しかしていないから、清掃はなかったけど、5泊すれば清掃は入るみたい。

マーシャ: なるほど。清掃は通常通りのシステムなんだね。

のぞみ: さてさて、今日もお申し込みやお問い合わせが入っているので、そろそろお客様のご対応に戻るね〜。

マーシャ: は〜い。では今日も頑張ろう!