アメリカ本土でタイムシェアのリセールが人気という記事

日本の市場では、まだまだ、タイムシェア並びにタイムシェアのリセール(再販)は、知名度が低いと言えるかもしれませんが、米本土の市場では、タイムシェアのリセールが非常に好調です。

 

1.タイムシェアのリセールの需要が全米で増えています

タイムシェアに関する情報のオンライン・コミュニティー 「レッド・ウィーク」がまとめた統計によると、今年1月から5月までの5か月の間に、全米でのタイムシェア再販の契約成立数が前年度より46%増えていることがわかりました。

 

2.週単位の権利が人気

再販されたタイムシェアの90%は、ポイント制ではなく週単位で購入するタイプのものでした。週単位制のタイムシェアのリセールが前年の同時期に比べて47%上昇したのに対し、ポイント制は35%増加しました。リセールの出品件数は前年から5%増えただけでした。

 

ニューポート・コースト

3.1位はマリオット・バケーションクラブ

メジャーブランドのリセールの中でも、引き続きマリオット・バケーションクラブが優勢です。全米で一番売れているタイムシェア・リセールのトップ20のうち、7箇所がマリオットのリゾートでした。
リセール契約成立の数からみると、マリオットでも一番人気があったのは、カリフォルニアの「ニューポート・コースト・ヴィラ」、アルバの「アルバ・オーシャン・クラブ」と、それに隣接する「アルバ・サーフ・クラブ」でした。

 

4.2位のビスタナ・シグネチャー・エクスペリエンス・クラブ

ついで、シェラトン / ウェスティン系列の「ビスタナ・シグネチャー・エクスペリエンス・クラブ」(旧名 スターウッド) がタイムシェアのリセール契約成立数、第二位となりました。
中でもカンクンの「ウェスティン・ラグナマール」、アリゾナの「ウェスティン・キアランド」そして、マウイ島の「ウェスティン・カアナパリ」が2017年の上半期、最高のリセール率を獲得しました。

ウェスティン・カアナパリ

 

5.アメリカ人に人気のロケーション

最も人気のあった地域は、メキシコ、フロリダ、カリフォルニアで、それぞれが全米のリセール契約成立の15%を占めました。次いでアルバとハワイがそれぞれ、全リセールの10%ずつを占める形となりました。

日本の市場では、何と言ってもワイキキが人気です。年間約150万人ハワイに来る日本の方の、約5%の人しかまだタイムシェアを活用していません。

まだまだ伸びしろのある、日本人のタイムシェアマーケットです。

 

名義変更や遺言の検認裁判など、タイムシェアの事であれば何でもお気軽にご相談下さい。

 

くじら倶楽部

中山孝志

 

アロハストリートのブログランキングに参加しています。
クリック応援、どうぞよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

くじら倶楽部社長ブログ