激化する航空業界、ANAのエアバスは2階建ての525座席

ANA エアバスA380

ANA(全日空)が東京~ホノルル間の路線に2019年春からエアバスの超大型機を導入します。

ANA エアバスA380

ANA エアバスA380

1.  2階建ての座席数はなんと525座席

ANAは、全525座席の2階建てエアバス A380型機を3機購入すると発表しました。

1席あたりのコストが下がる座席数の多さというメリットに加え、A380型機の離陸はスムーズで、加速度Gを感じることが少なく快適性が高いと言われています。

 

現在ANAの運航するホノルル行きの旅客機は全202座席のボーイング 767型機で、成田~ホノルル往復2便、羽田~ホノルル往復1便の1日3往復です。A380型機の運航予定はまだ発表されていませんが、同じスケジュールで運航すると一日の座席数は現在の2.5倍に増加します。

 

エアバスA380がもうすぐ飛びます

エアバスA380がもうすぐ飛びます

 

ただ、後方乱流が大きく離着陸時に間隔を広くとるA380型機は、混雑する昼間時間帯(午前6時~午後 11時)には羽田空港に就航できないことになっているため、羽田からの運航はなくなる可能性もありそうです。

2. 機体はウミガメのデザインで通称 Flying Honu

就航する機体のデザインは昨年の秋に公募され、世界中から応募された2,197作品の中から、東京都の増岡千啓さんの描いたウミガメの親子が選ばれました。

ハワイ語で「ホヌ」の愛称で親しまれるウミガメは、幸福と繁栄をもたらす海の守り神としてハワイの人々に愛されています。この特別塗装機も幸せを呼ぶようにとの願いをこめて、空飛ぶウミガメという意味を持つ「FLYING HONU」と名づけられました。

FLYING HONU

FLYING HONUは、空飛ぶカメから来ました

3.  エアアジアのLCCもハワイ線参入です

一方、マレーシアの格安航空会社「エアアジア」が大阪とホノルルを結ぶ、全377席のエアバス A330‒300型機を今年6月28日に就航します。

 

オフシーズンのエコノミークラスであれば諸税費込みで片道2万円弱からという手頃さが魅力で、先月行われた就航記念セール時には、予約が開始されて2日間で29便以上が完売、11,000席以上を販売しました。

 

同便は大阪/関空を経由するクアラルンプール発着便で、関空を午後11時25分に出発し、ホノルルに午後0時30分に到着するD7001便と、ホノルルを午後4時に出発し、関空に翌日の午後8時25分に到着するD7002便が、月・水・金・土曜に週4往復します。

エアアジアの新規参入

エアアジアの新規参入

LCC(格安航空会社)が日本~ハワイ間の直行便を含む、太平洋横断路線を開通するのはこれが初めてです。

LCCの参入による利用者争奪戦が今後、ますますのサービスの充実や更なる運賃の引き下げにつながるかもしれません。競争原理が働くということは、ハワイリピーターの皆さんにとっても良いことになりそうです。

 

海外旅行の主な費用は、飛行機代と部屋代です。部屋代はタイムシェアで節約して、飛行機代はマイルを活用下さい。LCCの参入により、もしかしたら、航空券の費用が競争で安くなるかもしれません。リピーターの皆さんに有益と思われる情報を今後も提供してきたいと思います。

 

くじら倶楽部

中山孝志

 

アロハストリートのブログランキングに参加しています。
クリック応援、どうぞよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓

タイムシェアのくじら倶楽部 スタッフブログ