コロナ検査陰性であれば、14日隔離を免除 10月15日から開始

コロナ検査陰性であれば、14日隔離を免除 10月15日から開始

いつからハワイへ渡航できるのか、首を長くしてお待ちの方も大勢いらっしゃると思います。こちらの記事はアメリカ本土からハワイ州への訪問者の14日間隔離免除制度についてのニュースです。

2020年10月15日から、ハワイ州への渡航者は到着72時間以内に新型コロナの検査を行い、陰性の証明を提示すれば、14日間の隔離の免除を受ける事が出来ます。ただし、アメリカの基準を満たしたPCR検査で陰性であることが条件です。対象者は年齢を問いません。

ハワイ州が受付可能とするコロナのPCR検査は、CLIA認定を受けた検査機関で、FDA承認されたPCR検査キットとしています。現時点では日本でコロナのPCR検査を受けても、隔離の免除を受ける事ができません。ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

尚、こちらの隔離免除制度は当初は開始を8月1日からとしていたものです。アメリカ本土での感染拡大やハワイ州内での感染状況が悪化したことにより、10月1日に延期されていました。

日本からのハワイ州への旅行はまだまだハードルがありますが、こちらのニュースをうけて、確実に一歩前進しているように我々も感じております。日本からの旅行客の受け入れに関しての最新情報はハワイ州より発表され次第、こちらのブログで紹介いたします。