ヒルトンがリストバンドを3連休などの混雑期に導入

ヒルトンがリストバンドを3連休などの混雑期に導入

今月9月4日にヒルトンハワイアンビレッジのカリアタワーを訪れた際に3連休中のリストバンド導入について知りました。来月ヒルトンを利用するので、下調べとしてワイキキアンのフロントに問い合わせをしてみました。詳しく解説をしたいと思います。

レーバー・デーの3連休の際に限定的に導入

先週末はレーバー・デー(勤労者の日という祝日)の3連休だったため、ゲスト以外の利用者を管理するために、週末限定でリストバンドを導入していたそうです。今後も3連休や大型連休がある際にはリストバンドの導入がされるかもしれません。

チェックイン時にリストバンドを受領

リストバンドを導入している期間に利用する際、ヒルトンのチェックイン時にリストバンドを登録人数分をもらう形となります。滞在中は同じリストバンドを使用島す。リストバンドがないとプール等が利用できませんので、チェックイン時に必ずもらいましょう。

リストバンドに色の違いはあるかどうか

ヒルトンに確認をしたところ、ホテルもタイムシェアも同じ色のリストバンドだそうです。また、リセールと直販の違いもないとのことでした。

なぜリストバンドが必要なのか?

リストバンドを導入することにより、ヒルトンの宿泊ゲストのみがプールなどの施設を利用できるように管理しているようです。ゲストと共にお友達がプールなどの施設を利用することは可能です。

訂正とお詫び:こちらの記事の初版では「お友達は利用不可」という情報を誤って提供をしていました。誠に申し訳ございません。正しくは、ゲストが同伴すればお友達もプールなどの施設を利用ができる、とのことです。

まとめ

今後も、ハワイの3連休中にヒルトンに滞在する際にリストバンドが導入される可能性があります。導入されている期間中はリストバンドがないとプールやジムなど、ヒルトンの施設を利用することができませんので、必ずチェックイン時に人数分のリストバンドをもらいましょう。なお、ホクラニは利用者人数が少ないからか、レイバーデーの連休中、リストバンドの導入はしていなかったそうです(エリートバンドのみ)。

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信