2022年2月24日にヒルトンがポイントを1.6倍に調整をしました。2022年2月24日以前に公開されたブログ記事は原則、旧ポイントでの表記となっておりますこと、ご了承のほどお願い申し上げます。ポイント調整について

ヒルトンオーナー様の特権「オープンシーズン予約」でタイムシェアにお得に泊まる方法

ヒルトンオーナー様の特権「オープンシーズン予約」でタイムシェアにお得に泊まる方法

ヒルトンのタイムシェアオーナー様になりますと、特別料金でヒルトンのタイムシェアを現金で予約ができるという特権があります。今年はもうポイントが残っていない場合は、ポイントを残しておきたい場合などに活用できる予約方法です。

それではヒルトンのオープンシーズン予約について詳しくご紹介いたします。

オープンシーズン予約とは

オープンシーズン予約とはヒルトンが定める特別料金でヒルトンのタイムシェアを予約する方法です。ヒルトンタイムシェアのオーナー様のみが活用できる特権となっております。予約はクラブポイントではなく現金払い(クレジットカードでのお支払い)です。

オープンシーズン予約ができるタイミングは限られております。チェックアウト日の30日前から、チェックイン日の1日前までオープンシーズン予約をすることができます。こうしたことから、1ヶ月以内に思い立って旅行をしたい場合に利用する予約方法となります。

また、クラブポイントを利用したクラブ予約は最低3泊からですが(ホーム予約は7泊)、オープンシーズン予約は2泊以上の宿泊から利用可能です。

オープンシーズン予約の特徴をまとめると以下のとおりです。
・オーナー様ご自身が宿泊すること(オーナー様がチェックインを行う必要あり)
・現金払い(カード決済)のみでポイントは利用できない
・直近1ヶ月以内の予約のみ
・最低2泊から利用可能

予約に関する注意点
・オープンシーズン予約の場合、予約後、一切の変更ができません。

オープンシーズン予約のメリット

ヒルトンのオープンシーズン予約のメリットは大きく3つ考えられます。

1) 特別料金であること
まず、オーナー様だけが利用できる特別料金なので、安価で予約できます。どれだけお得かは後ほど詳しく触れたいと思います。

2) ポイントがない場合の選択肢
もう一つのメリットは、クラブポイント残った場合でもオープンシーズン予約という選択肢があるため、現金(カード決済)で予約ができます。例えば、ホーム予約でご自身が所有しているポイントを丸々使っている場合には、追加でヒルトンタイムシェアに滞在したい場合オープンシーズンで現金払いできるのはメリットになります。

3) 2泊からの利用なので空室の穴が2泊のみの場合、活用できる
最後にお伝えしたいメリットは2泊だけお部屋の空室がある場合には、オープンシーズン予約が利用できるという利点です。クラブ予約は最低3泊からですので、2泊の空室がある場合にはクラブ予約ができません。現に、2022年3月現在、瀬底のヒルトンタイムシェアは2泊の空きが多々ございます。こうした場合、直近1ヶ月になりましたら、オープンシーズン予約を利用すれば部屋を押さえることができます。

瀬底のオープンシーズン予約カレンダー

オープンシーズン予約の料金

先に、オープンシーズン予約はオーナー様限定の特別料金だと申し上げました。では、どのぐらいお得なのでしょうか?簡単に申し上げますと、一般市場でレンタルに出されている金額よりもお得な料金設定になっています。オーナー様だからこそ利用できる特別料金なのです。

グランド・ワイキキアンの2022年のオープンシーズン予約料金を例に見てみましょう。

グランド・ワイキキアン
オープンシーズン予約の料金
(繁忙期、プラチナシーズン)
お部屋 月〜木(1泊あたり) 金〜日(1泊あたり)
1LDK(全カテゴリ) $212 $225
2LDK(ペント以外のカテゴリ) $316 $329
2LDK ペントハウス $508 $522
3LDK ペントハウス $712 $747

上記料金表をご覧いただきますと、どれだけお得に宿泊できるかお分かりいただけるかと思います。同じようなお部屋を一般市場で借りた場合2倍ほどします。例えばヒルトン・ガーデン・イン・ホテルのホテルルーム1室が1泊約$400します(5月中旬の予約を2022年3月に調査)。タイムシェア1LDKのお部屋を1泊$212で予約できるというのは大きなメリットです。

また、オープンシーズン予約の料金形態の特徴として、「同じ間取りであれば料金が同じ」という点にお気づきになったかと思います(ペントは除外)。例えば1LDKのマウンテンビューも1LDKのオーシャンビューも同じ値段設定です。

また、オープンシーズン予約はクラブ予約ほど、平日と週末のコストの差がありません。数ドルの違いですので、オープンシーズンにおいては気兼ねなく週末予約ができるということです。

ご注意‼︎
グランド・ワイキキアンとグランド・アイランダーのペントハウス物件のオープンシーズン予約は、同リゾートのペントハウスオーナー様のみが利用可能となります。(例えばワイキキアン・ペントハウスのオープン予約はワイキキアンのペントハウスオーナー様のみが利用可能)

オープンシーズン予約のデメリット

オープンシーズン予約のデメリットも2つ考えられます。

1) 直近すぎてスケジュール調整が難しい
1ヶ月以内の予約ということで、直近での予約のため、会社から休暇が取れない、もしくは航空券が手配できないなどのデメリットがあります。こうしたことからスケジュールに融通が効く方向けの予約方法だと言えます。

2) ポイントがある場合、現金払いはデメリット
また、オープンシーズン予約にはクラブポイントが利用できないので、ポイントが余っている場合にはポイントが使えないというのはデメリットとなります。

オープンシーズン予約、電話のみの受付のリゾートも一部あり

ハワイのヒルトン物件のオープンシーズン予約は通常ネットで予約が可能ですが、2022年3月現在、瀬底のヒルトンタイムシェアは電話受付のみです。ヒルトンへ電話をして電話口でオープンシーズン予約をする形となっております(2022年3月現在の情報となります)。

合わせて読みたい

ヒルトン 予約の種類

ハワイのタイムシェアに特化したメルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信
ハワイのタイムシェア購入に関してZoomでお打ち合わせ