ヒルトンのホームウィーク予約とホームリゾート予約の違い

ヒルトンのホームウィーク予約とホームリゾート予約の違い

「ホームウィーク予約とホームリゾート予約の違いは何ですか?」とお客様からいただくよくある質問です。こちらの記事ではヒルトンのホームウィーク予約の概要をお伝えし、ホームウィーク予約とホームリゾート予約の違いについてご案内したいと思います。

ホームウィーク予約とは?

ホームウィーク予約とはご自身で所有しているリゾートに優先的に予約できる予約方法です。毎年付与されるポイント(1週間分)を消化する形となります。ホームウィーク予約であれば予約手数料は無料です。クラブ予約のカレンダーではなくて、ホームウィーク予約専用のカレンダーから予約を入れる形です。

ホームウィーク予約ができる期間(優先予約期間)

ワイキキアン・カリアタワー ・ラグーンタワー :
チェックイン日の1年前から9ヶ月(365日〜276日)の約3ヶ月間

アイランダー・ホクラニ:
チェックイン日の1年前から9ヶ月(365日〜186日)の約6ヶ月間

ホームウィーク予約の条件

・ホームウィーク予約をしたい年のポイントが丸々残っていること
予約したい年のホームウィーク予約をしたい年のクラブポイントは1点も欠けずに、全て残っている必要があります。セーブドポイントを使ったり、翌年からの前借りなどで、ホームウィーク予約をすることができません。

・土曜日チェックイン、土曜日チェックアウト1週間の予約
アイランダー以外は土曜日チェックインの土曜日チェックアウトの1週間です。アイランダーは金曜日チェックインの金曜日チェックアウトです。

・ホームウィーク予約はご自身の物件タイプのみ
ホームウィーク予約をすることができるのは、ご自身で所有している物件タイプのみです。どちらの物件がホームウィークで予約できるか、少しわかりづらい点もありますので、ご説明したいと思います。

ホームウィーク予約ができる物件タイプの縛りはこちらです:
・建物
・間取り
・ビュー
・シーズン(ゴールドかプラチナ)

シーズンカレンダー(週カレンダー)はこちら

ホームリゾート予約とは?

ホームリゾート予約とは、優先予約期間が過ぎた後に所有している物件タイプを土曜日チェックイン、土曜日チェックアウトで予約を入れることです(アイランダーは金曜日チェックイン、金曜日チェックアウト)。ホームウィーク予約と同じで、予約手数料が無料です。基本的にホームリゾート予約はホームウィーク予約と同じ条件で、優先予約期間をすぎた後の1週間単位の予約とお考えいただくと分かりやすいかと思います。

ホームウィーク予約とホームリゾート予約を比較

ホームウィーク予約は所有している物件タイプに優先予約期間中に1週間の予約を入れること。ホームリゾート予約は優先予約期間が過ぎた後に所有物件タイプのお部屋を1週間予約することです。

ホームウィーク予約とホームリゾート予約を比較

まとめ

ヒルトンのホームウィーク予約とホームリゾート予約の違い、お分かりいただけましたでしょうか?優先予約期間中にある程度のお部屋が埋まっていくことが一般的ですので、優先予約期間が過ぎた後(クラブ予約期間中)にホームリゾート予約を取るのは、他のオーナー様がホームリゾート予約をキャンセルをした際にタイミングよくホームリゾート予約することになるかと思います。今後のヒルトンタイムシェアの予約のご参考にしていただければと思います。

くじら倶楽部はヒルトンをはじめ、マリオットやアウラニのタイムシェア中古物件を取り扱っております。タイムシェアの追加購入や買い替えなどのご相談はお気軽にどうぞ。

メルマガ会員募集中!お得情報ゲット!登録無料!KUJIRA通信