ハワイの海をきれいにしよう!プラスチックを減らそう!

ハワイの海をきれいにしよう!プラスチックを減らそう!

先日、第6回ビーチクリーンアップを開催しました!

総勢16名で1時間弱のビーチクリーンを行い、たくさんのゴミを拾いました。場所はアラモアナビーチパークで、マジックアイランド周辺です。

くじら倶楽部では環境問題に少しでも貢献できればと、今年のはじめにビーチクリーンアップの会をスタートしました。一見綺麗に見えるビーチもゴミ拾いをしはじめると、意外にもたくさんのゴミが落ちています。たばこの吸いがら、食べ物の包装プラスチック、ストロー、プラスチックのコップなど、絶対に土にかえらないプラスチックのゴミが中心です。

ハワイでビーチクリーンをしました
大きなプラスチックのゴミはやがてマイクロプラスチックになります。

マイクロプラスチックとはプラスチックのゴミが時間がたつにつれ、割れたり砕けたりして微小サイズになったものを指します。プラスチックは細かく砕けることはあっても、海洋で分解されることがありません。

海の生物の中には、ごみとエサの区別ができずに、間違えてプラスチックの破片を飲み込むことがあります。海にながれたマイクロプラスチックのゴミは長い間、海を汚染し続けます。私たちが普段食べている魚の中にも微小のマイクロプラスチックが含まれているという可能性もあるのです。

では、私たちにできることは何でしょうか?極力プラスチックのゴミを出さない生活をすることだと思います。今日からでも簡単に実践できることをいくつかリストしましたので、是非皆様も普段の生活から実践してみてくださいね。

・お買い物をしたときにプラスチックの袋をもらわない/買わない
・ストローを使わない
・ペットボトル飲料を買わないで、何度も利用できる水筒を利用する
・プラスチック包装されていることが多い加工食品をできるだけ買わずに手作りする
・ラップを使わずに再利用できる容器に食べ物を入れる

くじら倶楽部主催のビーチクリーン

くじら倶楽部でも極力プラスチックを出さないように営業して参りたいと思います!
次回のビーチクリーンは2019年11月5日です。ビーチクリーンアップの詳細はこちらから。

タイムシェア購入希望者の方は必ずご一読ください

タイムシェアの購入には数百万円のお金を使うわけですから、誰でも後悔はしたくないもの。

実は、購入前に必ず検証すべき「後悔しないための5項目」があります。

「後悔しないための5項目」を読む