ハワイ州 ワクチンパスポートの対象を拡大

ハワイ州 ワクチンパスポートの対象を拡大

6月15日頃、ハワイ在住者の55%がワクチン接種を完了する見込みであることを受けて、ハワイ州は6月15日から、ハワイ州でコロナのワクチンを接種した者に限って、アメリカ本土からハワイ州へ渡航する場合にもワクチンパスポート制度を導入することを発表しました。ハワイ州でコロナのワクチンを接種した渡航者であれば、事前検査が不要となり、到着後の隔離も不要になります。

ハワイ在住者の60%がワクチン接種を完了すれば、どこでコロナのワクチンを受けてもワクチンパスポートの制度を利用することができるようになる、としています。また、ハワイ在住者の70%がワクチン接種を完了すれば、全ての渡航規制を解除すると発表しました。現在のハワイ在住者の52%がコロナのワクチンを接種完了しています。59%が最低1回は接種している、という状況です。

尚、コロナのワクチンを接種していない場合には、コロナの事前検査プログラムを利用することが出来ます。PCR検査の陰性証明書を提示し、10日間の隔離義務の免除を受けることができます。