20周年を迎える ソニーオープン 2018

20周年を迎える ソニーオープン 2018

正月明けのソニーオープンを毎年楽しみにしているハワイリピーターの方も多いかと思います。ソニーがソニー・オープンのスポンサー更新のニュースが出ましたのでご紹介します。

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信

2022年までソニーがスポンサーします

今年で20周年を迎える「ソニー・オープン・イン・ハワイ」のティーオフが 1月11日に開催されます。
ソニーはPGAツアーとのパートナーシップをさらに4年延長し、少なくとも 2022年まではタイトル・スポンサーを務めることを決定しました。

毎年、ワイアラエ・カントリークラブで開催されるこのトーナメントは、1965年に「ハワイアン・オープン」の名でスタートしました。1991年から1998年まではユナイテッド航空がタイトル・スポンサーでしたが、1999年にフレンズ・オブ・ハワイ・チャリティーズ Inc.の主催のもとでソニーがタイトル・スポンサーを引き継ぎました。翌年からは、ハリー&ジャネット・ワインバーグ基金がチャリティー・パートナーを務めています。ソニー・オープンは1999年から、総額 1700万ドルを 350以上のハワイの非営利団体に分配してきました。2005年以降は、毎年 100万ドル以上の寄付金を調達しています。
ソニーはPGAツアーの歴史上、3番目に長くタイトル・スポンサーを勤めていることになります。

地元に貢献したいというソニー

「2022年までスポンサーシップをもう一度更新し、地元ハワイのコミュニティに継続的なサポートを提供できることを誇りに思う。ハリー&ジャネット・ワインバーグ基金を初めとし慈善団体の企画に関わる皆さんとともにハワイの人々に貢献していきたい。」と、ソニー株式会社代表取締役社長兼CEOの平井一夫氏は話しています。

2018年ソニー・オープン・イン・ハワイは、練習ラウンド、プロジュニア試合、プロアマ合同などのイベントが 1月8日から始まり、11日から 13日に第一から第三ラウンド、そして最終日の 14日(日曜日)が決勝ラウンドとなります。
詳しいスケジュールの確認やチケットのお求めは こちらの公式ウェブサイト からできます。

ハワイ島のコナコースト体験談日本の寒い時期でもハワイでは気楽にゴルフを楽しむ事が可能です。アメリカでは、ゴルフファンの方に多くタイムシェアをご利用頂いています。ぜひ、多くの方にソニーオープンの観戦やハワイでのゴルフを楽しんで頂けたらと思います。

くじら倶楽部  中山孝志

メルマガ会員募集中!

タイムシェアのお得情報や読者限定企画を配信